こんにちは。ANGEL VIBES です。「トンボ」のお話をしておきましょうか。あまり説明しないで来てしまったので、モヤモヤしている方もいらっしゃるかと思いました。
「紙の基本」のお話の中でも「トンボ」が出て来ましたね。家庭用のプリンタで印刷する用のデザインのテンプレートだったり、あるいは、インターネットから入稿できるネット印刷のためのテンプレートだったり、そうしたデータ上に「トンボ」が入ってたりします。「トンボ」は、入稿データに必要不可欠な印です。デザインをしているとよく見かけるので、ちょっと知っておきましょう。

 

「トンボ」とは?

「トンボ」とは、「紙の基本」のお話でも出て来ましたが、デザインスペースを囲む状態で上下左右そしてセンターに配置される印です。Adobeのグラフィックソフトでは、「トリムマーク」と呼んでいたりもします。

「トンボ」(「トリムマーク」ともいう)をつけたブックマーカーのレイアウト

パンダ柄ブックマーカー。完成データ。

デザインの実務では、ポスターを作ったりグッズを作ったりといった案件がありますが、この過程でデザインした図案の印刷は、印刷会社やグッズの製造工場に依頼することになります。こうした会社や工場にデザインしたデータを印刷していただくよう発注するわけですが、このようにして専門業者にデータを持ち込むことを「入稿」と言います。そして、その持ち込むデータのことを「入稿データ」と言います。少し古い言い回しかもしれませんが、「版下データ」と呼ぶ例もあります。
この「入稿データ」にとって、「トンボ」は必要不可欠なものです。ネット印刷のデザインテンプレートに、「トンボ」を見かけるのはそのためです。

 

「入稿データ」と「デザインカンプ」

でも、「トンボ」がないデザインデータもありますね。確かにそうですが、これには理由があります。「トンボ」はデザインの行程でも最終段階の「入稿データ」においては必要です。しかし、その前段階の「デザインカンプ」では必要がありません。なので、「入稿データ」か「デザインカンプ」かによって、「トンボ」の有無が出て来ます。
「トンボ」はデザインの行程にしたがって、つける・つけないを決めればOKです。
ただ、自分が今デザイン作業をしているのが、「入稿データ」なのか、「デザインカンプ」なのか、という判断は、それが全体の行程でどの部分に位置している作業なのかが解らなければ、見当がつけられません。なので、実際のデザインの行程について基本の流れだけ少しお話しておきます。

・クライアントと打ち合わせ
   ↓
・デザインカンプ作成
   ↓
・デザイン提出
   ↓
・デザイン修正
   ↓
・デザインOK
   ↓
・入稿データ作成
   ↓
・印刷会社・工場へデータ入稿
   ↓
・印刷物やグッズが完成、クライアントへの配送

実際のデザインの行程は、およそこのような流れです。「クライアント」とはデザインを依頼していただくお客様のことです。企業であったり個人であったりは様々です。そうしたクライアントから、仕事の依頼があって最初に行うのは打ち合わせです。何をデザインするのか、納期はどれくらいか、予算は・・・等。
この打ち合わせの後、まずデザイナーが作成するのが「デザインカンプ」です。この「デザインカンプ」とは、平面に描かれた完成見本のことです。現在のDTPの時代、グラフィックソフトで描かれることが多いです。デザインカンプは、クライアントにどんな完成イメージなのかを伝えるためのものなので、トンボは必要ありません。トンボは最終的な完成品においては裁ち落としてしまうからです。
提出したデザインカンプをクライアントに見ていただき、必要があれば修正を行い、デザインが確定したら入稿の準備に入ります。入稿データには「トンボ」をつけます。印刷の際に必要になるからです。
このように、伝える相手や用途によって、「トンボ」の必要の有無が分かれるというわけです。したがって、「トンボ」をつける・つけないの判断は、作成するデータが「カンプ」なのか「入稿データ」なのかで結論が出せるということです。

 

トンボのつけ方

AdobeIllustratorでのトンボのつけ方は、「紙の基本(5)〜紙道楽! 紙に印刷して遊ぼう(3)〜」に詳細がありますので、忘れてしまってましたらもう一度チェックしてみましょう。
基本的には、どういった形状であっても、裁ち落としサイズに対しトリムマークをつけますが、Illustratorのバージョンによってつける方法の選択肢があります。前に説明しましたが、裁ち落としサイズのオブジェクトを作成して選び、メニューバー「効果」→「トリムマーク」を選ぶとトンボが表示され、そして、メニューバー「オブジェクト」→「アピアランスを分割」を選択すると、線として描かれた状態のトンボが完成します。
CS5以降、CCでは、メニューバー「オブジェクト」→「トリムマークを作成」という方法で、トンボを描くことも可能です。CS5以降であれば、こちらの方がラクでしょうね。

CCの画面。「オブジェクト」から作成した方がラクですね

 

まとめ

  • 「トンボ」はデザインの行程にしたがって、つける・つけないを決めればOK
  • デザインカンプなら、トンボは必要ない
  • 入稿データなら、トンボが必要

では、また!

こんにちは。ANGEL VIBES です。前回に引き続き、今回も着せ替えタンブラーの台紙の作り方について解説したいと思います。
前回は、PDFになっている台紙のテンプレートをダウンロードし、AIファイルで保存するというところまで進みました。デザインテンプレートの準備はできたので、今日はそのテンプレートを利用してデザインを進めることにします。下の写真の、私がデザインしたクリエイトユアタンブラーの台紙の柄を例に、解説します。

 

クリエイトユアタンブラー

 

着せ替えタンブラー台紙の作り方

 

[1. テンプレートのAIファイルを開く]

ダウンロードしたPDFファイル、ファイル名は「tumbler500.pdf」ですが、前回はこのファイルをAdobeIllustratorで開いてAIファイルとして別名保存しましたね。今、あなたのPCには、「tumbler500.ai」というファイルがあるはずです。まず、このファイルをAdobeIllustratorで開いてみましょう。
 

PT500mlテンプレート「tumbler500.ai」

 

PT500mlテンプレート「tumbler500.ai」のレイヤー

 

テンプレートはレイヤーに分かれていますね。ブックマーカーやブックカバーの時のお話で出て来た「design space」に該当する部分はどれだと思いますか? このレイヤーの中では「本体」が該当します。なので、解りやすいように「本体」を「design space」に書き換えて、作業をしても良いと思います。
他のレイヤーについても説明しておきますね。上のレイヤーから。「ロゴ」は空レイヤーなので削除してもOKです。「指示事項」は左上のテキストによる説明部分です。「刷り範囲」はグレーで示された部分。左上の説明にもありますが、タンブラーにセットすると図案が隠れる部分です。なので、デザインで重要な部分、例えばロゴマークなど、図案が途切れてしまってはいけないパーツは、このグレーの部分に配置しないように気をつけなければなりません。そうした注意の目印としてこのレイヤーがあるわけですが、目印レイヤーなので、作業の最後に削除してしまいます。

 
[2. レイヤー「design」を作り図案を配置する]

「刷り範囲」の下にレイヤー「design」を作ります。ブックマーカーやブックカバーのデザインの時と同じで、このレイヤーに図案を配置します。
図案ができていれば、あとは簡単です。このレイヤー「design」に、図案をバランスよく配置します。
今回のようなタンブラー台紙のデザインは、場合によっては、図案を扇形に湾曲させることもありますが、今回の例のような散らし柄(総柄)は、その必要はありません。見た目に不自然でなければ、図案の湾曲の必要はないということです。

 
[3. 塗り足しをつける]

塗り足しをつけます。塗り足しをつけて、印刷に用いるデータは完成となります。
レイヤー「本体」の点線がありますが、これが裁ち落とし線になります。なので、このラインから3mm外側のラインまでが、塗り足し部分(ドブ)となります。
裁ち落とし線から3mm外側に、塗り足しラインを描きます。レイヤー「本体」の点線を選択したままで、メニューバー「オブジェクト」→「パス」→「パスのオフセット」を選択します。「パスのオフセット」のダイアログボックスで「オフセット」の数値を3mmにします。すると、裁ち落とし線の外側3mmにラインが描けます。この塗り足しラインを、レイヤー「design」の同一の位置にカット&ペーストします。復習しますね。このような、同一の位置へのカット&ペーストは「コマンド+C」の次は「コマンド+B」でしたね。

塗り足しラインが描けたら、このラインまで図案を満たします。後はレイヤー「刷り範囲」を消せば、データは完成です。なお「本体」レイヤーの点線ですが、後の紙を裁断する作業がしやすいように、消さないで残しておいてください。

試しに、私がデザインしたスターバックスのクリエイトユアタンブラーの台紙の柄を、このテンプレートに配置してみますね。下のようになりました。
 

PT500mlテンプレートに配置した状態

 
[4. データを紙に印刷する]

完成した図案を紙に印刷します。ところで、どういった種類の紙に印刷しましょうか? いつもの普通紙でもぜんぜんかまいません。でも、ちょっと発色を気にして、いつもと違う紙に印刷するのも面白いです。くっきりとした鮮やかな彩度を再現するなら、写真用専用紙が良いでしょう。ブックマークのお話の時、パンダ柄の印刷に用いたのがEPSONの写真専用紙でしたね。そうでなく、鮮やかさよりも風合いを求めるなら、画用紙が良いでしょう。なお、私がデザインしたスターバックスのクリタンの台紙には、ケナフという自然な風合いの非木材紙を用いてます。ただし、この紙は廃盤になってしまいました。気に入っていたんですけどね・・・。ともかく、印刷する紙はどんな発色を求めるかで決めれば良いと思います。

 
[5. cutlineを目印に裁ち落とす]

紙に印刷したら、裁ち落としラインに添って裁ち落とします。裁ち落としラインは、今回のテンプレートでは、レイヤー「本体」にある点線部分でしたね。ハサミでも良いですけど、私はカッターでキュキュッとカットしてしまいます。慣れると曲線部分もスイスイ切れますよ。紙をカットしたら、台紙は出来あがりです。

 
[6. タンブラーにセットして出来あがり]

タンブラーに台紙を差し込んでセッティングすれば出来あがりです。それぞれのメーカーの着せ替えタンブラーで、台紙の差し込み方法が異なるので、適宜やってみてください。なお、私のクリタンは、下のフタを開けて差し込むタイプです。

さて、オリジナルデザインのタンブラーができました! たくさん使ってあげてくださいね。

 

まとめ

  • タンブラーもレイヤー「design」を作りここに図案を落とし込む
  • 台紙に用いる紙は発色で決める。画用紙や写真専用紙を使っても良い
  • 曲線部分の裁断は、慣れればカッターでもさほど難しくはない

では、また!

こんにちは。ANGEL VIBES です。
紙を使ったオリジナルグッズデザインのお話をしてきましたが、ブックマーカーに続き前回は、ブックカバーの作り方のお話をしました。今回は着せ替えタンブラーの台紙の作り方です。
ブックマーカーやブックカバーを作れるのなら、タンブラーの台紙はそれほど難しくはないことでしょう。AdobeIllustratorでデザインするとして、ブックマーカーもブックカバーも、最終的な形状である裁ち落としライン(Cutline)が解りそこに落とし込む図案があれば、同様の手順でデザインができましたが、タンブラーの台紙もその例に漏れません。

 

着せ替えタンブラーを購入しよう

「紙の基本(4)」でも触れましたが、スターバックスの「マイスターバックスタンブラー」、「クリエイトユアタンブラー」など、台紙が着せ替えできる仕様になっているタンブラーが市販されています。この種のタンブラーは「カスタムタンブラー」などとも呼ばれていますね。
写真は現在販売中止となっている型ですが、私が愛用しているスターバックスの「クリエイトユアタンブラー」です。

クリエイトユアタンブラー

着せ替え式のタンブラーには台紙を差し込める隙間があります。そこに、紙に印刷したオリジナルデザインの台紙を入れて、楽しむこともできるというわけです。
着せ替え式のタンブラーは、スターバックスばかりでなく複数のメーカーが販売していますが、このように台紙を入れる隙間がある仕様になっています。
台紙の厳密な形状はメーカーにより異なりますが、この形状に合わせてデザインを落とし込めばいいということについては、どのメーカーにおいても変わりありません。なので、とりあえず、いずれかのメーカーの着せ替えタンブラーを購入し手に入れてしまいましょう。台紙の形状が把握できれば、あとは、ブックマーカーやブックカバーのような作業になります。

 

メーカー別、着せ替え式タンブラーいろいろ

複数のメーカーが着せ替え式タンブラーを販売していますが、ご参考までにいくつかピックアップしました(※ご使用ご購入は自己責任で)。

●クリエイトユアタンブラー(スターバックス)
現在、販売中止となっている型のクリエイトユアタンブラーは、シンプルでどんなデザインにも合わせやすかったので、おススメしておきます。
スタバのWebサイトにはまだ、この販売中止となっている型のクリエイトユアタンブラーの情報が掲載されていますね。
・スターバックスWebサイト

●カスタムデザインタンブラー(トレードワークス)
こちらもシンプルなので、いろいろなデザインに合わせやすそうです。
楽天の通販サイトでも購入できます。グッドデザイン賞を取っている商品とのことで、使いやすそうです。
・雑貨ネットONLINE

その他、ダイソーにも着せ替えタンブラーが売っているようですので、ご興味があれば店頭でご確認してみても良いと思います。

 

テンプレートをダウンロードする

ここからは、トレードワークスのカスタムデザインタンブラーを題材に、お話したいと思います。(スタバの以前の型のクリエイトユアタンブラーは、販売中止となっているとのことですし。。。)
トレードワークスのカスタムデザインタンブラーには、台紙デザイン用のテンプレートがあります。トレードワークス推奨のサイトなので、安心して使っていただけます。まずは、このテンプレートをダウンロードしましょう。今回はとりあえず、高さ17.8cmのものでデザインしてみますね。

こちらから、ダウンロードできます。
・CUSTOM DESIGN

テンプレートはJPGとPDFがあります。今回はPDFを選択します。

デザインテンプレートのサイト。PDFを選択します。

 

PDFのテンプレートをAIで別名保存する

PDFのテンプレートをダウンロードできましたか? ファイル名は「tumbler500.pdf」です。念のためちょっと説明しておきますね。ダウンロードサイトで「PDFをダウンロード」のボタンを押していただくと、ブラウザにテンプレートの図案が現れると思います。そのまま「別名で保存」をしてしまってください。これでPDFファイルがあなたのPCにダウンロードできているはずです。
そこまでできたら、今度はそのPDFファイルをIllustratorで開き、AIファイルとして保存し直します。PDFファイルは、後から編集できないようにIllustrator等で開けない設定にすることもできますが、今回のPDFファイルはテンプレートとして配布されているので、ちゃんと開くことができます。
メニューバー「ファイル」→「開く」から「tumbler500.pdf」を開きます。ファイルを開いたら、そのまま「別名で保存」し、ファイル形式から「Adobe Illustrator(ai)」を選択してください。次のダイアログでバージョンの選択がありますが、これはあなたがお使いのIllustratorのバージョンに合わせましょう。
このように、ダウンロードしたPDFファイルをAIファイルで保存し直せば、テンプレートの準備は整ったことになります。あとは、図案の落とし込みです。このお話は、次回。

 

まとめ

  • 着せ替え式のタンブラーのおススメは、
    スターバックスの「クリエイトユアタンブラー」(以前の型)
    トレードワークスの「カスタムデザインタンブラー」
  • 「カスタムデザインタンブラー」はデザイン用テンプレートを配布している
  • PDFファイルはAdobeIllusutratorで開くことができる

では、また!

こんにちは。ANGEL VIBES です。
紙を使ったオリジナルグッズをデザインしてみようということで、作った模様をアイテムに落とし込んでみるところまでお話が進みました。前回は、ブックマーカーのお話をしましたが、今日は引き続きブックカバーへの模様の落とし込み作業についてお話したいと思います。

 

ブックカバーを作ってみよう

今回は、文庫本向けサイズのブックカバーを作ってみることにします。A4サイズに模様を印刷すればできてしまうので、作りやすいと思います。
今回はトンボはつけません。何かの入稿データにするなら別ですが、家庭用プリンタでちょっと楽しむというなら、そこまでしなくとも充分です。

下が完成した状態の写真です。模様は、例として前々回に作り方を解説したストライプ柄です。紙に印刷して、文庫本に包んでみました。

ストライプ柄のブックカバー

今回は、こんな感じのブックカバーを作ってみたいと思います。

 

ブックカバーの作り方

 
[1. デザインスペースを描く]

上に説明したように、今回は、A4サイズを出来あがりサイズとします。位置は横位置で、A4サイズの内側、下の図のような範囲をデザインスペースとして模様を印刷します。

印刷部分

 
A4サイズのアートボード中央に、281×194mmの長方形を0.25ptのアウトラインでデザインスペースを描きます。レイヤー名に「design space」と記しておきます。
プリンタには印刷可能範囲があり、多くは紙のサイズよりやや内側の範囲に印刷できるしくみとなっています。印刷した時に、紙の縁に空白の部分ができるということですが、今回は気にしなくても大丈夫です。今回のブックカバーのサイズを考える場合、A4サイズから8mm程度内側まで模様が印刷されていれば充分だからです。なので今回は、A4サイズの中央、281×194mmの範囲をデザインスペースとしました。

 
[2. デザインレイヤーでレイアウトする]

新規レイヤーを追加し、名前を「design」とします。このレイヤーで、デザイン・レイアウトを行います。なお、レイヤーの順番は、「design space」の下にしてください。そうすれば、最初に描いたデザインスペースであることを示す長方形が、作業をする際に目印になります。

 
[3. デザイン・レイアウトしたオブジェクトにマスクをかける]

デザイン・レイアウトができたら、デザインをデザインスペース内に収めるため、デザインスペースの長方形でマスクをかけます。
まず、デザイン・レイアウトしたオブジェクトをグループ化します。グループ化は「コマンド+G」です。それから、レイヤー「design space」のデザインスペースの長方形をコピーし、レイヤー「design」のアートボードの同一の位置にペーストします。ブックマーカーのお話にも出てきましたが、同一の位置へのペーストは、「コマンド+B」で行います。ペーストした長方形は、グループ化したオブジェクトの前面に持って来ます。ツールバー「オブジェクト」→「重ね順」→「最前面へ」で、長方形が前面に、オブジェクトが背面になります(もちろんコマンドを使ってもOKです!)。長方形とオブジェクトを選択し、「コマンド+M」でマスクをかけます。
これで、デザイン・レイアウトはできあがりです。

 
[4. レイヤー「design space」を非表示にする]

作業中に目印にしたデザインスペースを示す長方形は必要なくなりました。なので、非表示にしてしまいます。
これで印刷するデータは完成です。

出来あがったブックカバーのデータ

 
[5. 紙に印刷する]

データをA4の紙に印刷しましょう。本を包みやすくできるように、今回はあまり腰がある紙じゃなく薄口の紙の方がベターです。
実際に本に取り付けた状態の写真のストライプ柄は、ちょっと自然な風合いがある紙に印刷して作りました。紙の種類はアラベールで、地色はやや水色がかったものです。普通のストライプでも、いつもの普通紙以外の風合いがある紙に印刷すれば、オシャレ感がグッと増しますよ。
紙に印刷ができたら、ブックカバーの完成です。あとは本に巻くだけです。

 
[6. 印刷したブックカバーを本に取りつける]

印刷したブックカバーを本に取り付けます。ポピュラーな方法で、やってみます。
図のように進めます。折る時は、本の大きさより1〜2mm大きく余裕を持って折ります。ジャストサイズで折ると、ぱっつんぱっつんでキツくなりますので。最初はうまく包めなかったとしても、回数を重ねるうちに、上手くいくようになると思います。

ブックカバーの取り付け図

簡単ですね! 季節に合わせて、気分に合わせて、いろいろなデザインのブックカバーに着せ替えても楽しいですよ。
次回は、タンブラーの台紙の作り方のお話です。

 

まとめ

  • 「design space」「design」のレイヤーを作りテンプレートとする
  • 今回のようなブックカバーなら、トンボは必要ない
  • シンプルな模様でも、印刷する紙の種類によってイメージが変わる

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBES です。
前回は、自分で何かの図案を描いて紙に印刷し、オリジナルアイテムを作ろうというお話でした。アイテムとしては比較的簡単にデザインできる、ブックマーカーやブックカバー、着せ替えタンブラーの台紙をおススメしました。
今日は前回の続きで、作ってみた模様をアイテムに落とし込んでみようというお話です。

 

紙の本好きならおススメしたい、ブックマーカーとブックカバー

皆さんは紙の本は読みますか? 最近は電子書籍の普及も進みましたが、私はどうしても紙の本が手放せません。本の装丁を味わうのは私にとって娯楽の1つですし、何より紙が好きなもので。
本には、気に入ったブックカバーをかけてみたりブックマーカーを挟んでみたりといった具合に楽しんだりもしています。それだけでも、本や読書の時間に愛着が生まれ、気分がちょっと変わりますよね。
そんなところで、私の趣味の延長上で恐縮しながら、オリジナルのブックマーカーとブックカバー作りの解説をしていきたいと思います。

 

ブックマーカーを作ってみよう

ブックマーカーの大きさは、本に挟んだ時にはみ出ない程度であれば使いやすいと思います。逆に本からはみ出させてクリップのようにして使うタイプもあり、こちらも楽しいですが、今回は長方形の短冊形で、本からはみ出ないタイプのものを作ることにします。

下の写真は、前回模様の例としてあげたパンダ柄を使って作った、文庫本向けサイズのブックマーカーです。紙に印刷しトンボで裁ち落とした完成の状態です。

パンダ柄ブックマーカー。Copyright (C) ANGEL VIBES All Right Reserved.

 

なお、このような版下データを使用しました。

パンダ柄ブックマーカーの版下データ。

この版下データを紙に印刷してトンボで裁ち落とせば、もうブックマーカーが完成というわけです! わりあい簡単にできてしまうものなんですよ。なお、使用したデザインソフトは、AdobeIllustratorです。

 

ブックマーカーの作り方

上に紹介したブックマーカーの作り方を、もう少し詳しく説明しておきます。いろいろなデザインにおいての版下データ(入稿データ)の基本が入っているので、覚えておいて損はないでしょう。

 
[1. 裁ち落としサイズの長方形を描く]
 
ブックマーカーは、必ずしもこのサイズにしなければいけないなどといった厳密なルールはありませんが、とりあえず今回は、文庫本にちょうどいいくらいのものを作ってみることにします。
「裁ち落としサイズ」とは、完成サイズのことです。今回のブックマーカーの裁ち落としサイズは、文庫本向けに、横幅40×高さ120mmに設定します。このサイズの長方形を描いて、線幅を「0.25pt」と入力します。レイヤー名は「cutline」としておきます。

 
[2. トンボをつける]
 
新しいレイヤーを追加し、ここにトンボを描きます。レイヤー名は「tombo」としておきます。
「1」で作った長方形を、レイヤー「tombo」のアートボード上の同一の位置にペーストしてください。「コマンド+C」でオブジェクト(図形)のコピーができます。ペーストは? というと「コマンド+V」ですが、今回はこの手段は使いません。「コマンド+B」を使います。すると、コピーしたオブジェクトが同一の位置にペーストされます。これは本来「背面へペースト」のコマンドなのですが、コピーしたオブジェクトがあった座標と、そのオブジェクトがペーストされる座標が同一になるので、その意味でも便利なコマンドです。
「コマンド+B」でペーストされたこの長方形を選択し、線は「なし」にします。この長方形を選択したまま、ツールバー「効果」→「トリムマーク」を選ぶとトンボが表示されます。そして、ツールバー「オブジェクト」→「アピアランスを分割」を選択すると、線として描かれた状態のトンボが完成します。この時、線の色が「レジストレーション」になっていますが、そのままにしておきます。

 
[3. デザインレイヤーでレイアウトをする]
 
新しいレイヤーを追加し、このレイヤーでデザイン・レイアウトを行います。レイヤー名は「design」としておきます。レイヤーの順番は、「cutline」と「tombo」の下にしておいてください。そうすれば、裁ち落としサイズの長方形が前面になるので、レイアウトをする時の目印になります。
ここまでで、ブックマーカーのデザインテンプレートが完成するので、あとはお好みのデザインを進めましょう。この時、デザインするオブジェクトの色はCMYKに設定し、レジストレーションは使用しないでください。レジストレーションは見た目はブラックの濃淡ですが内容は異なる特別な色なので、触らない方が無難です。

 
[4. 塗りたしをつける]
 
裁ち落としサイズから3mm外側に向かって、「塗りたし(マージン)(ドブ)」と呼ばれる部分があります。この部分を空白にせずに、図案で満たします。
「塗りたし」は、裁断ずれが生じても、図案が途切れないようにするための部分です。裁ち落としサイズの3mm外側まで図案で満たしておけば、裁断ずれがあっても図案が途切れません。なので、裁ち落としサイズの外側まで図案で満たし、「塗りたし」をつけるということを行います。

 
[5. レイヤー「cutline」を非表示にする]
 
レイヤー「cutline」の、裁ち落としサイズの長方形は、作業中は目印になりましたが、印刷には必要なく印刷されてはならない部分です。レイヤーをこのまま非表示にします。

これで印刷するデータは完成です!

 
[6.データを紙に印刷する]
 
データをプリンタで印刷しましょう。なお、印刷する紙は少し腰があった方が良いです。いつもの普通紙で印刷しても良いですが、少し厚みがある紙に印刷すると雰囲気も違って来ます。例にあげたパンダ柄のブックマーカーは、EPSONの写真用印刷紙に印刷しました。手にした時に頑丈な感じで、普通のコピー紙より存在感があります。

 
[7. トンボを目印に裁ち落とす]
 
紙にデータを印刷したら、あとはトンボを目印に定規をあてて裁断します。どの部分を裁断するかは下の図を見てください。

 

これで、完成です!
いかがですか? 一度覚えてしまえば、手順自体はそう難しくはありませんね。ブックカバーの作り方は、また次のお話で。

 

まとめ

  • 「cutline」「tombo」「design」のレイヤーを作りテンプレートとする。いろいろな版下データ(入稿データ)の基本。
  • レイヤー「cutline」には、裁ち落としサイズの図形を、レイヤー「tombo」にはトンボを描く
  • レイヤー「design」でデザイン・レイアウトをする。仕上げの際は塗りたしを忘れずに!

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBES です。
前回はペーパークラフトのご紹介をしました。ペーパークラフト以外にも、何かの図案を紙に印刷して楽しめるアイテムがあり、そうしたアイテムのデータを無料配布しているWebサイトもあります。いろいろなサイトがあるので、ご興味があれば探して楽しんでみてくださいね。
図案を配布しているこういったWebサイトを利用して楽しむこともできますが、自分で何かの図案を描いて紙に印刷し、オリジナルグッズを作るのもまた楽しいものです。
ブックマーカー、ブックカバー、それから、着せ替えタンブラーの台紙は、比較的簡単にデザインできますよ。

 

オリジナルのデザインで楽しめるアイテム

AdobeIllustratorなどのデザインソフトを使えば、自分でデザインした図案を印刷して、オリジナルグッズ作りを楽しむことができます。
ブックマーカーやブックカバーは、最も簡単に作れます。着せ替えタンブラーの台紙も比較的簡単に作れます。着せ替えタンブラーですが、タンブラー好きでなければ少々マニアックかも知れませんね。スターバックスでは「マイスターバックスタンブラー」、「クリエイトユアタンブラー」という名で販売している商品だったりします。着せ替えタンブラーはコーヒーなどを飲むためのタンブラーなのですが、柄などがついた台紙を入れ替えて楽しめるというものです。オリジナルのデザインの台紙に入れ替えることも可能です。
着せ替え式のタンブラーはスターバックス以外でも販売しています。ダイソーでもこのタイプのタンブラーを販売しているようです。

 

「クリエイトユアタンブラー」、台紙は私のオリジナルデザインです。

Copyright (C) ANGEL VIBES All Right Reserved.

 

上の写真は、スターバックスの「クリエイトユアタンブラー」で、台紙は私がデザインしたものです(なお、このタイプの「クリエイトユアタンブラー」はスターバックスでは現在販売中止となっています)。台紙はハワイのイメージの模様ですが、模様を1つデザインしさえすれば、あらゆるアイテムに取り入れることができます。
ブックマーカーやブックカバー、着せ替えタンブラーの台紙といったアイテムに取り入れることも、もちろん可能です。
デザインした模様を各アイテムに落とし込む作業については後述するとして、まずは、模様のデザインについて解説したいと思います。

 

模様をデザインしてみよう

ところで、模様ってどうやってデザインするのでしょう? あまり深く考えなくてもいいです。ちょっとした落書きも、いく種類か組み合わせれば、模様になったりしますので。円を使って水玉模様を作ってもカワイイです。ボーダー柄もスタイリッシュにキマります。アパレルでも定番の柄で、マリンルックなどにも取り入れられていますが、私も好きな柄です。
模様のお話は詳しくは他の機会にまとめようと思いますが、今日はちょっとだけしておきますね。

 
[ボーダー]

ボーダー柄ですが、生活雑貨のいろいろなアイテムに取り入れられているのを見かけませんか? これは、生活の中で、さほど使用シーンを選ばないということでもあります。ボーダー柄は、このようにいろいろなアイテムに合わせやすい柄とも言えます。一方で、ボーダーの幅や色でイメージがかなり変わります。ボーダー柄は単純でいて、奥が深い柄ということでもあります。

今日は、AdobeIllustratorで、比較的使いやすい白と水色のボーダーを作ってみます。下の画像のような完成イメージです。簡単にできますので、お試しあれ。

 

水色のボーダー柄

 

白い紙に印刷してボーダー柄を作ると想定した時、ボーダーの白い部分は紙の色になります。それに対して水色の部分は印刷の部分になります。なので、水色の部分だけ作ればいいということです。

水色の部分を作ってみます。高さ10×横幅200mmの長方形を作ります。色はシアン30%にしておきましょう。この長方形をコピー&ペーストを繰り返すとボーダーが完成します。
ドキュメント上に作った高さ10×横幅200mmの長方形を選択し、ツールバーの「オブジェクト」→「変形」→「移動」を選び、表示された「移動」ダイアログボックスで、「水平方向」に「0mm」、「垂直方向」に「20mm」、「角度」に「-90」と数値を入力し、「コピー」のボタンを押します。すると、20mm垂直下方向に水色の長方形がコピーされます。こうすると、水色の長方形の高さが10mm、そして、コピーされた水色の長方形のまでの間隔が10mmで、水色と白の部分が等幅で反復される状態となるので、これを繰り返せば、水色と白の部分が等幅のボーダー柄ができるというわけです。

「移動」ダイアログボックス。こんな感じで数値を入力します。

 

「繰り返し」を行うには、コマンドを使う方法があります。先ほど、ツールバーの「オブジェクト」→「変形」→「移動」を選び、数値を入力し、「コピー」のボタンを押すと、水色の長方形がコピーされると言いました。この時、長方形は選択された状態になっています。この状態のまま、「コマンド+D」を押してみましょう。すると、また、20mm垂直下方向に長方形が表れませんか? 「コマンド+D」は、「(今行った作業の)繰り返し」のコマンドです。コマンドを押したまま、キーボードの「D」をどんどん押してみてください。押した数だけ長方形が増えます(なお、この「コマンド+D」ですが、便利なので覚えておいて損はありません)。
こうすれば、ボーダーは、あっという間に完成です。あとは適宜、ボーダー全体を横にのばしたり縦にのばしたりすれば、各種アイテムに合わせられます。

 
[イラストを元にした模様]

私がデザインした今年の年賀状を例にとりましょうか。すでにこのサイトでは掲載していますが、下の画像は、私がデザインした今年の年賀状です。パンダが並んでいる部分、これも模様です。1つのパンダを元に、口を閉じた状態と開けた状態の2種類の表情を作り、体の模様を色違い5種類にしてカラフルにしました。そこに星を散らして、ちょっと賑やかしました。こうした柄をデザインするのは、1つのイラストが出来てしまえば、あとはわりあい簡単な作業です。
この模様部分を元にアレンジすれば、こちらも各種アイテムに合わせられます。

 

Copyright (C) ANGEL VIBES All Right Reserved.

 

このようにしてデザインした模様を、各種アイテムに落とし込んでレイアウトして印刷すれば、ちょっとしたオリジナルグッズができてしまいます。アイテムへの落とし込み作業のお話は、また次回!

 

まとめ

・紙を使ったオリジナルグッズのデザインでは、ブックマーカー、ブックカバーは最も簡単にできる
・着せ替えタンブラーの台紙も比較的簡単にできる
・「コマンド+D」で「繰り返し」作業を早々とできる

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBESです。前回の解説で、特色を用いることで表現の幅が広がることは解っていただけたと思います。
では、そもそも「特色」とは何か? どんな役割を担っているのか? デザインの実務の視点から、もうちょっと説明をしておこうかと思います。

 

「特色」とは?

「特色」とは、単色1つ1つに色番号が割り当てられている印刷用の単色インキ(インキ=インク。古い人間なのでインキと言ってしまいます。)で、体系化されたカラーシステムとなっています。色見本が作られていて、見本帳やカラーチップにまとめられています。
オフセット印刷のCMYK4版掛け合わせでは再現できないけれど、特色でなら再現できるよ、なんていう色もあります。前回説明したように、彩度が保持されたエメラルドグリーンもそうです。
私は年賀状を毎年デザインしていますが、特色のお世話になっています。下の画像の「2018」「Happy New Year」には金色の特色を使いました。DIC - 620です。
画像では茶色っぽく見えていますが、実際にはキラキラしたインキです。このキラキラがあるとなしとでは、ずいぶん印象が変わります。
 

2018年の年賀状です

Copyright (C) ANGEL VIBES All Right Reserved.

 

特色の用途

特色の用途ですが、まずはインキとしての用途があります。印刷に用いられます。
オフセット印刷のCMYK4版掛け合わせで再現できない部分を特色にしてみたりする他、特色とスミ(ブラック)の2版で印刷をするなどという例もあります。
他には、インキとして用いるというより、その体系化されたカラーシステムを利用して指標として役立てることもあります。実際のデザインワークにおいては、こちらの用途もかなり占めていると思います。
グッズを作る時の工場への指示書などにおいては、色指定があります。この部分の生地色は「Pantoneの○○番」などと指定します。「この指定色に近い色の生地にしてください」、あるいは、「この指定色に生地を染めてください」などというふうに。このように、印刷インキとして役立てる他、色の指標として参照してもらうために使う場合もあるのです。
特色は、デザインの現場で色についての情報伝達をする際の、共通コードとして成り立っているということです。今や、デザインワークに無くてはならない必要不可欠なツールです。

 

特色でよく知られているのは「DIC」と「Pantone」

じゃあ、特色は誰が編纂して管理しているのかなあ? という疑問を持つ方もおられるかもしれませんね。
特色の編纂・管理、それに続く製造・販売は、色システムやインキ製造に関わる企業などが行ってます。彼らが、色を体系化し番号を割り当て特色を編纂しています。
「特色」といっても種類がありますが、日本では「DIC」と「Pantone」がよく知られています。Adobeのデザインソフトでも、スウォッチにDICやPantoneを入れることができるようになっていますね。実際、デザインの実務上でもよく使うので大助かりです。
DICとPantoneはこのようにデザインソフトのシステムに組み込まれている一方、実際に手に取り参照することができる現物として、見本帳やカラーチップが市販されています。大き目の画材屋さんのデザイン用品コーナーでなら、DICやPantoneのカラーチップを見かけたことがある方もおられるかもしれませんね。

下のようなデザインツール、見かけませんか?

DICのカラーチップ。第15版。少々古いです。
Pantoneのカラーチップ

このように、見本帳やカラーチップの現物があるのには、理由があります。前回も触れしましたが、モニタと印刷物の色は基本的に異なるからです。モニタは現物の仮の姿に過ぎないということです。なので、デザインの実務においては、入稿の際は入稿データの他にカラーチップも一緒に印刷会社に渡す機会もあります。ただ、入稿といってもいわゆるネットプリントなどであれば、カラーチップを渡すという作業は省略されています。

 

DICは「DIC株式会社」のカラーシステム

日本国内でのデザインワークにおいては、DICは最も使われる特色の1つではないでしょうか? デザインのジャンルにもよりますが、国内生産ならば、特色にDICを使うことは多いです。
DICは「DIC株式会社」が管理するカラーシステムで、色見本にまとめられ、デザインの実務で活用されています。色見本は、ビビッドな色から淡い色まで揃っていて、グレイッシュトーン、また、日本の伝統色、フランスの伝統色、中国の伝統色、といったシリーズもあります。合わせて、2,000色以上からなります。
「DIC株式会社」は、元は「大日本インキ化学工業株式会社」という企業でした。活動歴が長いデザイナーなら、「大日本インキ」の方が馴染みがあるかもしれませんね。今は樹脂製品や化学マテリアルの製造も行うなど、幅広く事業を展開していますが、旧社名が示すように、印刷インキを製造・販売する企業としてスタートしています。かねてから、日本のクリエイティブ業界を支えてきた企業の1つです。
DICの色見本が販売開始となったのは、1968年ですが、田中一光さん、勝井三雄さんらが監修をされています。グラフィックデザインの業界では、言わずと知れた方々です。DICは、デザイナーの声をしっかり取り入れて開発されたということが解ります。

 

Pantoneは「Pantone社」が編纂した国際的な特色

日本国内ならDICですが、国外で印刷物やグッズを製造する時は、特色はPantoneが使われることがあります。企業のコーポレートカラーやブランドのカラー、キャラクターのカラーについてはPantoneの色指定がされていることもあります。例え国内での製造でも、デザインのジャンルによっては、DICばかりでなくPantoneの使用頻度も高くなりつつあります。
Pantoneはアメリカに本社がある「Pantone社」が編纂した特色で、DICと同様、体系化されたカラーシステムとなっています。こちらも、見本帳やカラーチップがあります。日本から中国に入稿する際にも使われるなど、国際的な特色としての一面もあります。
なお「Pantone社」は、今は「エックスライト社」の子会社になっています。

 

まとめ

・特色は色1つ1つに色番号が割り当てられている印刷用の単色インキのこと
・特色は体系化されたカラーシステムとなっている
・日本国内では特色の中でもDICとPantoneの使用頻度は多い

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBESです。前回は、Glyphs Miniのメトリクス関連情報の設定の途中まで解説しましたね。今日はその続きです。「キャップハイト」「xハイト」の設定をしてみましょう。
 

「キャップハイト」「xハイト」の設定の前に

混乱している方がいるかもしれないので、「キャップハイト」「xハイト(=「エックスハイト」、Glyphs Miniでの表記は「xハイト」)」の設定の前に、ちょっとメトリクスのお話を復習しておきますね。

フォントの作り方(13)〜メトリクスの話〜」で触れてますが、従来の「欧文書体設計のためのライン」において言う「アセンダー」と、フォント作成ソフトで言う「アセンダー」は、意味が異なります。これはGlyphs Miniにおいても例外ではありません。
厳密には「ディセンダー」についても同じことが言えます。従来の「欧文書体設計のためのライン」において言う「ディセンダー」と、Glyphs Miniにおいて言う「ディセンダー」は、それぞれ指している意味が厳密には異なります。
復習しますね。フォント作成ソフトを利用した現在のフォントデザインの潮流では、一つ一つのグリフが、emスクエアよりも一回り小さくデザインされている例を多く見かけます。そういった事情もあり、Glyphs Miniにおいて「ディセンダー」と言う時に、従来の意味とは厳密にはズレが生じてきているようです。
従来の「欧文書体設計のためのライン」においては、「ベースライン」から「ディセンダーライン」までの部分を「ディセンダー」と呼んでいました。ところが、Glyphs Miniでは「ベースライン」から「ディセンダーライン」までを指して「ディセンダー」とするのではなく、「ベースライン」からemスクエアの下端までを指して「ディセンダー」としてしています。Glyphs Miniを使用してデザインする際、emスクエアよりも一回り小さくグリフをデザインする現在の潮流に従うならば、「ディセンダーライン」の一周り外側までを含んで「ディセンダー」と呼ぶことになってしまっています。従来の「欧文書体設計のためのライン」における場合と、Glyphs Miniにおける場合とでは、このように、細かな部分では意味が異なります。
モヤモヤするかもしれませんが、従来使われて来た文言の意味の細々した部分は、時代とともに変化してしまうことは自然なことでもあります。とりあえず、従来の「欧文書体設計のためのライン」においての文言は、Glyphs Miniにおいて言う全く同一の意味とは限らないので、ちょっとだけ注意しておきましょう。

 

従来の「欧文書体設計のためのライン」
Glyphs Miniで言う「ディセンダー」はemスクエアの高さ下端まで

 

「キャップハイト」「xハイト」の設定

それでは、Glyphs Miniのメトリクス関連情報の設定に戻ります。確認しておきますね。「キャップハイト」は「ベースライン」から「キャップライン」までの高さを指します。そして、「xハイト」は「ベースライン」から「エックスライン」までの高さを指します。
「元AI」では「キャップライン」と「エックスライン」をガイドラインとして描いておきましたね。なのであとはスムースだと思います。ガイドラインを頼りに「キャップハイト」「xハイト」の高さを測ったそのままの数値を、Glyphs Miniのメトリクス関連情報の「キャップハイト」「xハイト」の欄に入力してください。
「Alfalfa」では、「キャップハイト」が「667」、「xハイト」が「493」。なお、小数点以下の端数は整理しました。
そして、「イタリック角度」ですが、デフォルトのままにしておきます。
それから、「アラインメントゾーン」は一番右の黒いボタンを押しておきましょう。自動計算されます。
これで設定はOKです!

「Alfalfa」はこんな感じで設定しました

Glyphs Miniのメトリクス関連情報の設定

 

グリフの画面はこんな感じです

グリフの画面を開いてみてください。小文字だと解りやすいですが、ガイドラインがグリフの「キャップライン」「エックスライン」の位置にぴったり重なっているのが解りますか?

Glyphs Miniのグリフの画面

 

こうしたガイドがあれば、正しい位置を踏襲したフォントがデザインできているかどうか、確認しながら作業ができますね。

 

あとは小文字なしのデザインの時と同じ作業

小文字もデザインする場合、「フォント情報」設定は以上のように、「キャップハイト」「xハイト」も測定した数値を入力しなければなりません。ですが、ここまで出来れば、小文字なしのデザインの時と同じ作業です。グリフをトレースした「元AI」データを、Glyphs Miniに読み込ませていきます。忘れてしまっていたら過去記事(「フォントの作り方(11)〜Glyphs Miniの使い方(後編)〜」あたりからが良いでしょう)を読んでみてください。
スペーシングやカーニングをして、メニューバーから「ファイル」→「出力」を選び、ファイルを書き出せば完成です!

 

まとめ

・Glyphs Miniで言う「ディセンダー」は「ベースライン」からemスクエアの高さ下端まで
・「元AI」のガイドラインを頼りに計測し端数を整理した数値を、「フォント情報」の「キャップハイト」「xハイト」に入力する
・「フォント情報」の設定までできれば、あとは大文字だけのデザインの時と同じ作業

こんにちは。ANGEL VIBESです。今回は、アルファベット・フォントの大文字に加え小文字もデザインする際のお話の続きです。前回までのお話で、Glyphs Miniに読み込ませるためのAIデータ=「元AI」作成まで進みました。ここまで準備が整ったら、いよいよGlyphs MiniにAIデータを読み込ませる作業です。

 

Glyphs Miniを使った作業の流れ(おさらい)

Glyphs Miniを使った作業の流れについておさらいしますね。まず、フォントのデザインを決め、AdobeIllustratorでトレースし、グリフ一つずつの「元AI」を作成、これらをGlyphs Miniに読み込ませてフォントデータ化して完成です。忘れてしまっていたら、「フォントの作り方」の過去記事((3)あたりからがいいでしょうか)を読み返していてください。
で、前回までの解説では、「元AI」の作成まで進みました。小文字のデザインもするならばということで、「元AI用紙.ai」ドキュメント上に、キャップライン、エックスライン、ベースラインをガイドラインとして描きましたね。これを行っておけば、次の作業、Glyphs MiniにAIデータを読み込ませる時にスムースということでした。なぜスムースなのかは、次の作業のお話の中で。

「元AI」にはキャップライン、エックスライン、ベースラインを描く

 

Glyphs Miniを起動したら「フォント情報」の設定

ここからは、Glyphs Miniを起動しての作業となります。Glyphs Miniを立ちあげ新規のドキュメントを開いたら、最初にする作業がありましたね。まず、「ファイル」→「フォント情報」を選び各項目の設定をします。
「ファミリー名」の設定、「クレジット関連情報」の設定、「バージョン」の設定は、大文字だけのデザインの場合と同様に進めてしまってください(忘れてしまってたら、「フォントの作り方(10)」を復習しましょう)。
次に、メトリクス関連情報の設定があります。「アセンダー」「キャップハイト」「xハイト」「ディセンダー」の数値を入力しなければなりませんが、「元AI用紙.ai」ドキュメント上にキャップライン、エックスライン、ベースラインをガイドラインとして描いたことで、スムースに進むはずです。そして、大文字に加え小文字もデザインする場合、Glyphs Miniを使用する手順はここだけ異なります。大文字だけのデザインの場合と異なり厳密に設定しなければならない部分です。

 

メトリクス関連情報の設定は厳密に

メトリクス関連情報には、「ユニット数(UPM)」「アセンダー」「キャップハイト」「xハイト」「ディセンダー」「イタリック角度」がありましたね。
大文字だけのデザインの場合は「キャップハイト」「xハイト」はデフォルトのままで任意の数値が入ってれば良かったのですが、小文字もデザインする場合は、厳密な数値を入れます。

復習を含めつつ順を追って説明しますね。まず、「ユニット数(UPM)」についてです。これはデフォルトのまま「1,000」でOKです。繰り返しの説明になりますが、Glyphs Miniにおけるグリフのマスの高さはemスクエアの高さと同一視でき、「ユニット数(UPM)」という単位で示されます。
Glyphs Miniにおけるグリフのマスのユニット数は、仕様で1,000となっていますが、1,000のままにしておきます。Glyphs Mini上の単位「ユニット」の大きさは、AdobeIllustrator上での単位「ポイント」の大きさに一致します。「元AIデータ」のドキュメントサイズの高さを1,000ポイントに設定したのは、Glyphs Miniにおけるグリフのマスのユニット数である1,000ユニットに合わせるためです。
このように設定しておけば、AdobeIllustrator上のAIデータをGlyphs Miniに取り入れた時に、「元AI」の1,000×1,000ポイントの位置合わせ用のラインが、Glyphs Mini上のグリフのマスの高さである1,000ユニットにピッタリ重ねられます。

次に「アセンダー」と「ディセンダー」です。Glyphs Mini上の「ユニット」の大きさはAdobeIllustrator上の「ポイント」の大きさに一致するので、「元AIデータ」上の数値が、そのままGlyphs Miniにおける数値になります。したがって、AdobeIllustrator上の「アセンダー」と「ディセンダー」の高さを測り、Glyphs Miniのメトリクス関連情報にそのまま入力すればいいわけです。「元AI」のベースラインからドキュメント上端までの高さが「アセンダー」、ベースラインからドキュメント下端までの高さが「ディセンダー」となります。
高さを測った時「元AI」上で端数が出ていたら、切り捨てるなどして調整しましょう。ただし、「アセンダー」と「ディセンダー」の高さの合計は1,000になるようにします。

復習します。

emスクエア(の高さ)=アセンダー+ディセンダー

でしたね。

なので端数が出た時の調整では、「アセンダー」と「ディセンダー」の高さの合計は1,000になるようにしなければならないのです。

 

Glyphs Miniの画面。グリフのマスの高さは1,000ユニット(UPM)です。
元AIデータの高さ1,000ポイントは、これに合わせています。

Glyphs Mini画面

次は「キャップハイト」「xハイト」の設定ですが、続きは次回。

 

まとめ

・小文字のデザインでは「キャップハイト」「xハイト」を厳密に設定
・Glyphs Miniの仕様では、1つのemスクエアの高さ=1,000ユニット(UPM)
・emスクエア(の高さ)=アセンダー+ディセンダー

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBESです。前回はアルファベット・フォントの大文字に加え小文字もデザインする際には、作業それぞれの段階で「エックスライン」を設定する必要がある、というところまでお話しました。では今回は、小文字のデザインについて、それぞれの段階での「エックスライン」の設定をふまえた説明をしていきたいと思います。私がデザインしたフリーフォント「Alfalfa」を例にしてみます。

「Alfalfa」というオリジナルフォントです

画像出典:「ANGEL VIBES」サイト

 

デザイン決め〜下描き

前回の説明ではHelveticaの例をお見せしました。例を参考に、エックスラインはだいたいこの位置で、グリフそれぞれの部分によっては高さを揃えれば良いんだな・・・ということをちょっと頭の片隅においていただければと思います。そうしてデザインしていれば、統一感は自然と出て来ますよ。

デザイン決めの段階では、注意するのはそれぐらいです。

デザインが決まったら下描きをしていきますが、これは以前にも説明したとおり、「下描き用紙」に下描きします。この下描きが次の作業で下絵となります(詳細は、「フォントの作り方(3)」で説明しています)。
なお「下描き用紙」は、ANGEL VIBES オリジナルのものもありますので、こちらからダウンロードして使っていただいて構いません。
下描きの仕方は以前説明したとおり、デザインしたラフを「下描き用紙」に書き写していけば良いのですが、小文字をデザインするなら、まずこの段階でエックスラインの設定が必要となります。この段階でエックスラインの位置を決めてしまい、エックスラインに高さを揃える箇所はしっかり揃えましょう。

「Alfalfa 」はこんな感じで下描きしました。

 

下描きでもエックスラインに揃えるべき箇所は揃えます。

 

次は下描きをスキャニングしAdobe Illustratorでトレース

下描きした後は、下描きした下絵をスキャニング→AIドキュメント「トレース用紙.ai」上に下絵を配置→トレースして保存、という手順となります。これは「フォントの作り方(4)」で説明したとおりです。
なお「トレース用紙.ai」は、ANGEL VIBES オリジナルのものもあります。というか、おそらくどこにも売っていないと思います。私的に使うのは無料なのでこちらからダウンロードして使っていただいて構いません。

 

「Alfalfa」はこんな感じでトレースしました。

「Alfalfa」大文字
「Alfalfa」小文字

 

Glyphs Miniを使った作業の流れ

ここからは、トレースしたAIデータを一つ一つコピー&ペーストして拡大→グリフ一つ一つをAIデータとして保存→フォント作成ソフトに読み込ませる、という作業の流れです。「Alfalfa」はGlyphs Miniで作成しましたので、Glyphs Miniを使った作業の流れを説明します。

「フォントの作り方(10)」で説明していますが、次は、「トレース用紙.ai」ドキュメント上でトレースしたグリフ一つ一つに四角い囲みを印としてつけ、そのグリフを印と一緒に1,000×1,000ポイントのドキュメントの「元AI用紙.ai」に、コピー&ペーストして拡大し、グリフ一つ一つをAI形式で保存します。保存の際は別名保存し、「元AI用紙.ai」の名前ではなく、グリフ名をつけて保存してください。
こうして、「元AI」のフォルダに「A.ai」、「B.ai」、「C.ai」、・・・とグリフ一つ一つのAIデータが揃うことになります。なお、このグリフ一つ一つのデータは、「元AI」と呼んでおきましょう。

ここまでは「フォントの作り方(10)」で説明したとおりです。ただ、小文字もデザインする時は、「元AI用紙.ai」でエックスラインを設定することになります。

「Alfalfa」の例で説明すると、「トレース用紙.ai」上では、ベースラインからエックスラインまでの高さは37mm(エックスハイト)に設定しました。グリフそれぞれのエックスラインに合わせるべき箇所はその高さに合わせています。
そして、四角い囲みの印は「トレース用紙.ai」上のグリフでは75×75mm(「Alfalfa」では75mmの正方形にしましたが、だいたいそれくらいの大きさということで、厳密に75mmでなければならないということではありません)に設定しています。
次の作業では、この印とトレースしたグリフを一緒に「元AI用紙.ai」にペーストしますが、小文字をデザインする場合は、「元AI用紙.ai」にキャップライン、エックスライン、ベースラインをガイドラインとして描いておきます。
75mmを1,000ポイントに拡大する前提で比率を合わせれば良いわけだから、「トレース用紙.ai」上でのキャップハイトは50mmなので、「元AI用紙.ai」上では666.665ポイント(約666ポイント)となります。そして、エックスハイトは37mmなので、同比率で拡大すると493.355ポイント(約493ポイント)となります。
ペーストしたら、印の四角形(75×75mm)とグリフを一緒に拡大し1,000×1,000ポイントのドキュメントの四隅に合わせます。比率の計算が間違ってなければ、それぞれ、キャップライン、エックスライン、ベースライン、に重なるべき箇所は、ピッタリ重なるはずです。

 

「トレース用紙.ai」上のグリフは「Alfarfa」ではこんな感じで囲みの印をつけました

 

「元AI用紙.ai」上にペーストして拡大するとこんな感じ

 

「元AI用紙.ai」にキャップライン、エックスライン、ベースライン、をガイドラインとして描いておくのは少々面倒かもしれませんが、これを行っておけば、次の作業でGlyphs MiniにAIデータを読み込ませる時にスムースです。
その理由については、また次回。

 

まとめ

・小文字もデザインするなら、図案を決めるときにエックスラインを意識する
・下描き〜トレースの段階ではエックスラインを決めて作業
・「元AI用紙.ai」にはキャップライン、エックスライン、ベースラインをガイドラインとして描いておく

では、また!