こんにちは。ANGEL VIBES です。
前回はペーパークラフトのご紹介をしました。ペーパークラフト以外にも、何かの図案を紙に印刷して楽しめるアイテムがあり、そうしたアイテムのデータを無料配布しているWebサイトもあります。いろいろなサイトがあるので、ご興味があれば探して楽しんでみてくださいね。
図案を配布しているこういったWebサイトを利用して楽しむこともできますが、自分で何かの図案を描いて紙に印刷し、オリジナルグッズを作るのもまた楽しいものです。
ブックマーカー、ブックカバー、それから、着せ替えタンブラーの台紙は、比較的簡単にデザインできますよ。

 

オリジナルのデザインで楽しめるアイテム

AdobeIllustratorなどのデザインソフトを使えば、自分でデザインした図案を印刷して、オリジナルグッズ作りを楽しむことができます。
ブックマーカーやブックカバーは、最も簡単に作れます。着せ替えタンブラーの台紙も比較的簡単に作れます。着せ替えタンブラーですが、タンブラー好きでなければ少々マニアックかも知れませんね。スターバックスでは「マイスターバックスタンブラー」、「クリエイトユアタンブラー」という名で販売している商品だったりします。着せ替えタンブラーはコーヒーなどを飲むためのタンブラーなのですが、柄などがついた台紙を入れ替えて楽しめるというものです。オリジナルのデザインの台紙に入れ替えることも可能です。
着せ替え式のタンブラーはスターバックス以外でも販売しています。ダイソーでもこのタイプのタンブラーを販売しているようです。

 

「クリエイトユアタンブラー」、台紙は私のオリジナルデザインです。

Copyright (C) ANGEL VIBES All Right Reserved.

 

上の写真は、スターバックスの「クリエイトユアタンブラー」で、台紙は私がデザインしたものです(なお、このタイプの「クリエイトユアタンブラー」はスターバックスでは現在販売中止となっています)。台紙はハワイのイメージの模様ですが、模様を1つデザインしさえすれば、あらゆるアイテムに取り入れることができます。
ブックマーカーやブックカバー、着せ替えタンブラーの台紙といったアイテムに取り入れることも、もちろん可能です。
デザインした模様を各アイテムに落とし込む作業については後述するとして、まずは、模様のデザインについて解説したいと思います。

 

模様をデザインしてみよう

ところで、模様ってどうやってデザインするのでしょう? あまり深く考えなくてもいいです。ちょっとした落書きも、いく種類か組み合わせれば、模様になったりしますので。円を使って水玉模様を作ってもカワイイです。ボーダー柄もスタイリッシュにキマります。アパレルでも定番の柄で、マリンルックなどにも取り入れられていますが、私も好きな柄です。
模様のお話は詳しくは他の機会にまとめようと思いますが、今日はちょっとだけしておきますね。

 
[ボーダー]

ボーダー柄ですが、生活雑貨のいろいろなアイテムに取り入れられているのを見かけませんか? これは、生活の中で、さほど使用シーンを選ばないということでもあります。ボーダー柄は、このようにいろいろなアイテムに合わせやすい柄とも言えます。一方で、ボーダーの幅や色でイメージがかなり変わります。ボーダー柄は単純でいて、奥が深い柄ということでもあります。

今日は、AdobeIllustratorで、比較的使いやすい白と水色のボーダーを作ってみます。下の画像のような完成イメージです。簡単にできますので、お試しあれ。

 

水色のボーダー柄

 

白い紙に印刷してボーダー柄を作ると想定した時、ボーダーの白い部分は紙の色になります。それに対して水色の部分は印刷の部分になります。なので、水色の部分だけ作ればいいということです。

水色の部分を作ってみます。高さ10×横幅200mmの長方形を作ります。色はシアン30%にしておきましょう。この長方形をコピー&ペーストを繰り返すとボーダーが完成します。
ドキュメント上に作った高さ10×横幅200mmの長方形を選択し、ツールバーの「オブジェクト」→「変形」→「移動」を選び、表示された「移動」ダイアログボックスで、「水平方向」に「0mm」、「垂直方向」に「20mm」、「角度」に「-90」と数値を入力し、「コピー」のボタンを押します。すると、20mm垂直下方向に水色の長方形がコピーされます。こうすると、水色の長方形の高さが10mm、そして、コピーされた水色の長方形のまでの間隔が10mmで、水色と白の部分が等幅で反復される状態となるので、これを繰り返せば、水色と白の部分が等幅のボーダー柄ができるというわけです。

「移動」ダイアログボックス。こんな感じで数値を入力します。

 

「繰り返し」を行うには、コマンドを使う方法があります。先ほど、ツールバーの「オブジェクト」→「変形」→「移動」を選び、数値を入力し、「コピー」のボタンを押すと、水色の長方形がコピーされると言いました。この時、長方形は選択された状態になっています。この状態のまま、「コマンド+D」を押してみましょう。すると、また、20mm垂直下方向に長方形が表れませんか? 「コマンド+D」は、「(今行った作業の)繰り返し」のコマンドです。コマンドを押したまま、キーボードの「D」をどんどん押してみてください。押した数だけ長方形が増えます(なお、この「コマンド+D」ですが、便利なので覚えておいて損はありません)。
こうすれば、ボーダーは、あっという間に完成です。あとは適宜、ボーダー全体を横にのばしたり縦にのばしたりすれば、各種アイテムに合わせられます。

 
[イラストを元にした模様]

私がデザインした今年の年賀状を例にとりましょうか。すでにこのサイトでは掲載していますが、下の画像は、私がデザインした今年の年賀状です。パンダが並んでいる部分、これも模様です。1つのパンダを元に、口を閉じた状態と開けた状態の2種類の表情を作り、体の模様を色違い5種類にしてカラフルにしました。そこに星を散らして、ちょっと賑やかしました。こうした柄をデザインするのは、1つのイラストが出来てしまえば、あとはわりあい簡単な作業です。
この模様部分を元にアレンジすれば、こちらも各種アイテムに合わせられます。

 

Copyright (C) ANGEL VIBES All Right Reserved.

 

このようにしてデザインした模様を、各種アイテムに落とし込んでレイアウトして印刷すれば、ちょっとしたオリジナルグッズができてしまいます。アイテムへの落とし込み作業のお話は、また次回!

 

まとめ

・紙を使ったオリジナルグッズのデザインでは、ブックマーカー、ブックカバーは最も簡単にできる
・着せ替えタンブラーの台紙も比較的簡単にできる
・「コマンド+D」で「繰り返し」作業を早々とできる

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBES です。
ところで、皆さんはプリンタを持ってますか? 手差しトレイがあるプリンタがあれば紙を使っていろいろ遊べるので、楽しみが増えますよ。A4サイズまで印刷ができるインクジェットプリンタなら5,000円以内のお手頃価格のものもありますし、もしお持ちじゃないならご検討されてはいかがでしょうか。
今日は、そんなプリンタを使った紙の遊び、「紙道楽」のお話です。

 

手差しトレイがあれば画用紙にも印刷できる

プリンタには「給紙トレイ」という部分があり、ここに印刷用紙を入れて印刷するしくみとなっています。家庭用のインクジェットプリンタなら、給紙トレイに入れることができる印刷用紙は、通常なら専用の用紙となります。今どきコンビニエンスストアでも売っている、数百枚単位の束になってるアレです。

「コピーペーパー」などとして売られてますね

 

プリンタによってはこの「給紙トレイ」しかなく、専用の用紙しか使えません。でも「手差しトレイ」があれば、それ以外の用紙も使えます。年賀状用紙や画用紙、特殊紙も使用できます。「手差しトレイ」によって印刷ができる紙の種類が増えれば、それだけ楽しみも広がります。ペーパークラフトなども楽しめるようになります。

 

厚めの紙に印刷してペーパークラフト

デザイン好きの皆さんの中には、小学生の時に工作が好きだったという方が多いのではないでしょうか? あるいは今も、プラモデルが好きだという方がおられるかもしれませんね。そういった方におススメなのは、ペーパークラフトです。
ペーパークラフトは紙を工作して作る模型で、少し厚めの紙に印刷された図案を切り取って、折ったり貼ったりして作ります。
インターネット上では、無料の図案を公開しているWebサイト(サイト内規約があるので、それぞれのサイトのルールに従ってください)があります。図案は様々で、比較的単純な形状の子ども向けのものから、複雑な形状の大人向けのものまで揃っています。
こうしたWebサイトでは、PDFなどの形式の図案が無料ダウンロードできるようになっています。このダウンロードした図案を紙に印刷し素材にして、ペーパークラフトを楽しもうというわけです。
紙はいつもの印刷用紙じゃ作りにくいので、少し厚めで頑丈な紙を使用します。官製はがきぐらいのコシがあった方がいいでしょう。厚みは、およそ0.15〜2.3mmぐらい。「ペーパークラフト専用紙」も販売されていますので、迷うようでしたらこうした紙もおススメです。
とはいえ、子どもの時に落書きして遊んだような白い画用紙でも充分間に合います。画用紙は天糊になって一冊ずつ売っているタイプのものがあります。ペーパークラフトもできるので、一冊買っておくと何かと使えて便利ですよ。
ちなみに、私はマルマンの画用紙を常備しています。落書きしたり、印刷したり、何かと使う機会があります。

マルマンの画用紙

 

ペーパークラフトのおススメサイト

お話したように、インターネット上には、ペーパークラフトの図案が無料ダウンロードできるWebサイトがあります。本当に無料でいいのかしら? と思うくらい、素敵な図案が公開されています。おススメのサイトをちょっとピックアップしておきましょうか。

★Canon Creative Park
動物、おもちゃ、乗り物など、カテゴリが多く、とにかく数が豊富です。難易度が低いものから高いものまであるので、初心者から上級者まで楽しめます。
「Canon Creative Park」にはペーパークラフト以外にも、紙に印刷して楽しめるコンテンツが盛りだくさんです。

★エプソン Webプリワールド
動物、恐竜、昆虫など、お子さんが喜びそうです。難易度が高いものもあるので、こちらも初心者から上級者まで楽しめそうですね。
こちらも、ペーパークラフト以外にも、紙に印刷して楽しめるコンテンツが盛りだくさんです。

★エプソン・ナカジマレーシング
ツーリングカーレース「SUPER GT」で、エプソンがメインスポンサーとなっているチーム「NAKAJIMA RACING」のレースカーなど。難易度高めですが、リアルでカッコイイです。

★ヤマハ発動機
ヤマハのバイクや動物、それから日本の情景など、テーマが多岐に渡ります。ペーパークラフトの作り方のムービーもあり、充実の内容です。

 

紙を切る・貼るための道具

ペーパークラフトもそうですが、紙を切ったり貼ったりするためには、そのための道具が必要です。基本は揃えておきましょう。

・はさみ
・カッター
・カッティングマット
・糊
・定規

最低限、これくらいでしょうか。
はさみ、カッターなら、お手元にあるかと思うので、使い慣れたものを使っていただければと思います。実際の紙を切るの作業では、カッターを使う方が多いかもしれませんね。専門的になれば、デザインカッターという特殊なカッターを使ったりもします。ですが、普通のカッターがあれば、だいたい事足ります。カッターは刃が命なので、切れなくなってきたらパキッと折ってどんどん新しくしましょう。
定規はカッターにあてて使います。直線など、曲がらないように切る時に役に立ちます。これも、お手元のプラスチック製のものでOKです(手を切らないようにお気をつけを!)。
カッティングマットは、カッターを使う時のマットです。カッターを使う時って、どうしてますか? 厚紙を下に敷いて使ってますか? やめましょう。机にキズをつける原因にもなりますし、何よりカッティングマットの上で使う方がカッターが使いやすいです。サイズはA4くらいあれば、充分です。私はA1サイズくらいの大型のものも持っていますが、無ければ先にA4くらいのものを揃えてしまいましょう。
それから、糊。糊もいろいろありますが、とりあえず「ピット糊」を揃えておきましょう。あのスティック状のやつです。あとは、コニシ製のボンド「Gクリヤー」。速乾性でよくくっつきます。色が透明なので、仕上がりが綺麗です。ペーパークラフトには「Gクリヤー」がいいですね。用途によって使い分けてください。
マニアックな話、他にも道具を紹介できますが、最低限これくらいの道具があればいろいろ楽しめます。最低限の道具を揃えて、物足りなくなったら買い足す感じで充分です。

 

まとめ

・「手差しトレイ」があるプリンタなら、いろいろな種類の紙に印刷できる
・厚めの紙に図案を印刷すれば、ペーパークラフトが楽しめる
・紙を切る・貼るために、はさみ・カッター・カッティングマット・糊・定規は最低限揃えましょう

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBES です。
インターネットが普及した昨今、年賀メールをいただくことも増えて来ました。でも、私は、今年も紙の年賀状をデザインしました。紙が好きなんですよね。
みなさんは、紙は好きですか? 実は奥深い世界、入り口までご案内します。

 

紙はどんな場所で見ることができる?

デザイン系の企業にいれば、「竹尾」等の紙見本のセットは置いてあるので、様々な紙を見ることができます。でも、そういった環境にない方も様々な紙を見る方法はあります。デザイン系の企業ではなくても紙をわんさか置いてある場所があるので、そういった場所に行けば様々な紙を見ることができます。
紙をわんさか置いてある場所といえば、まずは、大き目の画材屋さん。紙売り場まで行ってみましょう。
新宿三丁目の世界堂にも、色々な紙がありますね。デザイン用品や文房具の買い物ついでに見ることもできるので、ちょっと紙が見たいなあなんていう時は、寄り道してみちゃってください。
ちなみに、販売している紙の大きさは様々です。店頭に陳列しているものであれば、だいたいポストカード大からB3か四つ切りサイズぐらいまででしょうか。その他、製紙メーカー出荷時のサイズとなる「全紙」と呼ばれる大きなサイズを販売している場合もあります。全紙サイズの紙は、まずサンプルを見て欲しい種類を店員さんに伝えて購入します。大きいので丸めて包装してもらって持ち帰ることになりますが、断裁をやってくれるお店もあります。使う大きさが解っていれば、断裁して持ち帰るのもアリです。
こんな様子で、大き目の画材屋さんでは様々な紙を見ることができます。店頭に陳列してある紙、そして、サンプルの紙、これらを併せればかなりの種類になります。
その他、紙と触れ合える場所といえば、紙の専門商社さんです。展示スペースで企画展を開催したりもしているので、紙の使い方の参考にもなります。

 

「竹尾」と「平和紙業」はおススメ

紙の専門商社さんは紙の開発や販売を行っていますが、各店舗それぞれが非常に充実しています。紙好きなデザイナーにとってはとってもワクワクする空間てす。
そんな中からおススメの企業を2社紹介します。

まず、「竹尾」。「竹尾ペーパーショウ」の「竹尾」です。既に言ったように、デザイン系の企業には、竹尾の紙見本のセットが置いてあったりします。この紙見本のセット、デザイン系の学生さんなら、学校の何処かで見かけたことがあるかもしれませんね。ともかく、竹尾は紙の専門商社としてはメジャーで、デザイナーにとっては最も馴染み深い企業の1つです。ペーパーショウの開催など、デザインの参考になるイベントを行っています。
竹尾は「見本帖」という施設を設けていています。「見本貼」はいくつかあって、展示スペースとショップを兼ねた店舗もあります。こうした店舗では、紙のイベントや企画展、トークショーなども行っています。その他の店舗も充実しすぎています。紙が見やすく美しい作りになっていて、もはやショールーム兼ショップと言っても間違えではないでしょう。
「見本帖」は、東京、大阪、福岡にあります。東京では、神田神保町本店、青山、そして、銀座伊東屋の店内にあります。竹尾の公式Webサイトにイベントの案内などが出ているので、調べてブラりと出かけてみるのも楽しいですよ。

「竹尾」公式サイトのスクリーンショット

 

それから「平和紙業」。私の好みで選んでしまって恐縮ですが、個性的な紙を取り揃えています。平和紙業も、竹尾の「見本帖」のような施設を設けています。「ペーパーボイス」といって、「見本貼」同様、展示スペースとショップを兼ねた施設になっています。「ペーパーボイス」は東京、大阪、名古屋にあります。東京では中央区新川にあります。
「ペーパーボイス」でも、イベントや企画展を行っています。こちらも公式Webサイトに案内を掲載しているので、ご興味ある企画展があれば見に行かれると楽しいと思います。もちろん、個性的な紙が見たいという時にも、ブラりとお出かけされてみてください。

「平和紙業」公式サイトのスクリーンショット

 

紙の見本帳は取り寄せることもできる

こういった紙の専門商社の店舗に行って、色々な展示やサンプルを見ることができれば良いですが、無理な場合もありますね。そんな時は、紙の見本帳を取り寄せることもできます。「竹尾」も「平和紙業」も可能です。
「竹尾」では、有料ですが紙の見本帳を用意しています。短冊を豆本にしたような、ミニサンプルです。Webストアから購入が可能です。
「平和紙業」も紙の見本帳を用意しています。こちらは無料。親切すぎです。

 

紙は実物を手にした方が良い

紙は、なるべくなら実物を見ることをおススメします。前回もお話しましたが、ネットの画像と実物とでは、少なからず見た目の差がありますし、質感は実際に触ってみなければ実感出来ません。そういった実感にデザインがインスパイアされることも多々ありますしね。何より、実物の紙に触れるのはとっても楽しいことなので。
前回お話したように、「迷ったらとりあえずコート紙で」という手段もあります。コート紙は価格が抑え目だし優れた紙だと思います。でも、少しでも時間があってじっくりデザインができるなら、好きな紙を見つけて使用してみるのも一興です。
専門商社の店舗でも見本帳でも、何でも良いです。実物を手にする機会を持っていただけたらと思います。

 

まとめ

・紙の専門商社さんなら「竹尾」と「平和紙業」はおススメ
・紙の見本帳は取り寄せることも出来る
・紙は実物を見て実感した方が良い

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBES です。
デザインに接していれば、印刷を通して紙に接する機会が多かれ少なかれあると思います。PCで作成したラフ案をプリントアウトするとか、あるいは、データ入稿してフライヤーなどの印刷物を作るのだとか。
そんな、印刷メディアとしての「紙」ですが、種類によって、仕上がりのイメージは全然異なります。そこで今日は、状況に応じた紙の選択を考えてみたいと思います。仕上がりがグッと変わって来ますよ。

 

紙によってインキの発色は異なる

印刷する紙について、まず頭に入れておきたいことがあります。それは、紙によってインクの発色が異なるということです。
家庭用のインクジェットプリンタを使った時でも、紙によって発色が全然違うなあ、なんて経験をした方もおられるかもしれませんね。そうなんです。印刷紙には種類があります。インクジェットプリンタ対応の紙の中にも普通紙と写真専用紙がありますが、発色は全く違います。
同じデータでも、写真専用紙なら彩度が高く鮮やかに印刷されやすいですが、普通紙では、写真専用紙よりも彩度が保たれにくく鮮やかさが損なわれ、くすんでしまったりします。

印刷物の発色は、インキだけでなく紙からも影響を受けるわけです。それは、上に述べたようなインクジェットによる印刷ばかりでなく、オフセット印刷についても言えることです。
オフセット印刷の印刷時の発色を追求した紙は各種開発されており、こういった紙はデザイン業界ではポピュラーであったりもします。カタログなど写真の再現性にこだわるデザインなら、なるべくなら発色が良い紙を選びたいところです。発色がよければメリハリが出て再現性が高くなるからです。
ともあれ、印刷と紙は関係が深いわけですね。

 

迷ったらとりあえず「コート紙」

紙の中には印刷専用の紙というのがあります。中でも「コート紙」は発色が良くポピュラーで、オフセット印刷の定番の紙と言えるでしょう。写真の再現性に優れる一方で価格が安めなので、デザイナー大助かりの紙です。
フライヤーやポストカードの印刷で、印刷紙の種類がいろいろあって何を選んだら良いか解らない! という方は、とりあえず「コート紙」から始めてみても良いと思います。
コート紙は表面がツルツルしたタイプです。コート紙系のツルツルタイプは、紙の中でも発色が良い系統です。
コート紙にも表面のツルツルが抑え目のマットタイプの「マットコート」という種類もあります。好きずきではありますが、ツルツルした紙に抵抗があれば、マットの方を選んでも良いでしょう。

今年の年賀状の実物。これもコート紙です。触るとツルツルです。

 

カサカサしたタイプの紙の風合い

一般に「画用紙」と呼ぶような、表面がカサカサしたタイプの紙は、コート紙のようなツルツルタイプの紙よりも落ち着いた傾向があります。印刷のメリハリ・再現性はコート紙には及ばない部分がありますが、カサカサタイプは「風合」や「温かみ」といった点ではコート紙に勝ると思います。風合いを重視するなら、カサカサタイプの紙をおススメします。
色鉛筆や水彩で描いたイラストをポストカードにするなら、カサカサタイプの紙を利用すれば、いかにも手で描いたような温かい印象があるものになりますよ。そういった印刷も素敵です。
画用紙のような風合いを求めるなら、「アラベール」あたりがおススメです。カサカサ系の紙にも色々な種類がありますが、ゴワゴワせず使いやすいです。もし迷ったら、「アラベール」あたりから始めてみても良いと思います。

 

こだわらないなら無難に「上質紙」

「発色」とか「風合い」とかを活かすデザインも良いですが、とにかくしっかり印刷さえ出来ればということなら、「上質紙」あたりが無難だと思います。化学パルプ100%で作られた紙で、表面にコーティングはありません。ツヤツヤではなくカサカサタイプです。世の中で最も多く見かける紙の1つではないでしょうか? 「よくある紙」という言い方ができるかもしれませんが、ボールペンやサインペンで筆記した時に乾きやすいなど、幅広いシーンで使用できる紙です。

 

印刷紙の現物サンプル

印刷紙は、写真やインターネット上の画像ではその質感まで伝わらない部分があります。表面のきめ細かなコーティングは写真では伝わりづらいですし、触った感じは、現物でなければ正直なところ実感できないです。印刷紙にこだわるなら、現物のサンプルは見た方が良いと思います。
印刷業者さんの窓口に、通常はサンプル紙が置いてあります(無い場所もあるので、各店によります)ので、印刷の前に見て検討することもできます。
大きな画材屋さんなら紙コーナーにサンプル紙や見本帳を置いている場合もあります。そうした紙の中には、印刷紙としても使用されているものもあります。新宿の世界堂や銀座の伊東屋にもサンプルがあるので、こんな紙があるんだなあという感じで、ついでの機会にでも眺めておくと良いですよ。

紙のサンプル。紙のイベントなどで拾って来たものを捨てられずにいます。

 

まとめ

・発色が良い紙ならとりあえず「コート紙」
・画用紙のような風合いを求めるなら「アラベール」
・こだわらないなら無難に「上質紙」

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBESです。前回の解説で、特色を用いることで表現の幅が広がることは解っていただけたと思います。
では、そもそも「特色」とは何か? どんな役割を担っているのか? デザインの実務の視点から、もうちょっと説明をしておこうかと思います。

 

「特色」とは?

「特色」とは、単色1つ1つに色番号が割り当てられている印刷用の単色インキ(インキ=インク。古い人間なのでインキと言ってしまいます。)で、体系化されたカラーシステムとなっています。色見本が作られていて、見本帳やカラーチップにまとめられています。
オフセット印刷のCMYK4版掛け合わせでは再現できないけれど、特色でなら再現できるよ、なんていう色もあります。前回説明したように、彩度が保持されたエメラルドグリーンもそうです。
私は年賀状を毎年デザインしていますが、特色のお世話になっています。下の画像の「2018」「Happy New Year」には金色の特色を使いました。DIC - 620です。
画像では茶色っぽく見えていますが、実際にはキラキラしたインキです。このキラキラがあるとなしとでは、ずいぶん印象が変わります。
 

2018年の年賀状です

Copyright (C) ANGEL VIBES All Right Reserved.

 

特色の用途

特色の用途ですが、まずはインキとしての用途があります。印刷に用いられます。
オフセット印刷のCMYK4版掛け合わせで再現できない部分を特色にしてみたりする他、特色とスミ(ブラック)の2版で印刷をするなどという例もあります。
他には、インキとして用いるというより、その体系化されたカラーシステムを利用して指標として役立てることもあります。実際のデザインワークにおいては、こちらの用途もかなり占めていると思います。
グッズを作る時の工場への指示書などにおいては、色指定があります。この部分の生地色は「Pantoneの○○番」などと指定します。「この指定色に近い色の生地にしてください」、あるいは、「この指定色に生地を染めてください」などというふうに。このように、印刷インキとして役立てる他、色の指標として参照してもらうために使う場合もあるのです。
特色は、デザインの現場で色についての情報伝達をする際の、共通コードとして成り立っているということです。今や、デザインワークに無くてはならない必要不可欠なツールです。

 

特色でよく知られているのは「DIC」と「Pantone」

じゃあ、特色は誰が編纂して管理しているのかなあ? という疑問を持つ方もおられるかもしれませんね。
特色の編纂・管理、それに続く製造・販売は、色システムやインキ製造に関わる企業などが行ってます。彼らが、色を体系化し番号を割り当て特色を編纂しています。
「特色」といっても種類がありますが、日本では「DIC」と「Pantone」がよく知られています。Adobeのデザインソフトでも、スウォッチにDICやPantoneを入れることができるようになっていますね。実際、デザインの実務上でもよく使うので大助かりです。
DICとPantoneはこのようにデザインソフトのシステムに組み込まれている一方、実際に手に取り参照することができる現物として、見本帳やカラーチップが市販されています。大き目の画材屋さんのデザイン用品コーナーでなら、DICやPantoneのカラーチップを見かけたことがある方もおられるかもしれませんね。

下のようなデザインツール、見かけませんか?

DICのカラーチップ。第15版。少々古いです。
Pantoneのカラーチップ

このように、見本帳やカラーチップの現物があるのには、理由があります。前回も触れしましたが、モニタと印刷物の色は基本的に異なるからです。モニタは現物の仮の姿に過ぎないということです。なので、デザインの実務においては、入稿の際は入稿データの他にカラーチップも一緒に印刷会社に渡す機会もあります。ただ、入稿といってもいわゆるネットプリントなどであれば、カラーチップを渡すという作業は省略されています。

 

DICは「DIC株式会社」のカラーシステム

日本国内でのデザインワークにおいては、DICは最も使われる特色の1つではないでしょうか? デザインのジャンルにもよりますが、国内生産ならば、特色にDICを使うことは多いです。
DICは「DIC株式会社」が管理するカラーシステムで、色見本にまとめられ、デザインの実務で活用されています。色見本は、ビビッドな色から淡い色まで揃っていて、グレイッシュトーン、また、日本の伝統色、フランスの伝統色、中国の伝統色、といったシリーズもあります。合わせて、2,000色以上からなります。
「DIC株式会社」は、元は「大日本インキ化学工業株式会社」という企業でした。活動歴が長いデザイナーなら、「大日本インキ」の方が馴染みがあるかもしれませんね。今は樹脂製品や化学マテリアルの製造も行うなど、幅広く事業を展開していますが、旧社名が示すように、印刷インキを製造・販売する企業としてスタートしています。かねてから、日本のクリエイティブ業界を支えてきた企業の1つです。
DICの色見本が販売開始となったのは、1968年ですが、田中一光さん、勝井三雄さんらが監修をされています。グラフィックデザインの業界では、言わずと知れた方々です。DICは、デザイナーの声をしっかり取り入れて開発されたということが解ります。

 

Pantoneは「Pantone社」が編纂した国際的な特色

日本国内ならDICですが、国外で印刷物やグッズを製造する時は、特色はPantoneが使われることがあります。企業のコーポレートカラーやブランドのカラー、キャラクターのカラーについてはPantoneの色指定がされていることもあります。例え国内での製造でも、デザインのジャンルによっては、DICばかりでなくPantoneの使用頻度も高くなりつつあります。
Pantoneはアメリカに本社がある「Pantone社」が編纂した特色で、DICと同様、体系化されたカラーシステムとなっています。こちらも、見本帳やカラーチップがあります。日本から中国に入稿する際にも使われるなど、国際的な特色としての一面もあります。
なお「Pantone社」は、今は「エックスライト社」の子会社になっています。

 

まとめ

・特色は色1つ1つに色番号が割り当てられている印刷用の単色インキのこと
・特色は体系化されたカラーシステムとなっている
・日本国内では特色の中でもDICとPantoneの使用頻度は多い

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBES です。10年以上前だと記憶していますが、私はティファニーのネックレスをプレゼントされたことがあります。ネックレスはエメラルドグリーンの箱に入ってやって来ました。「ティファニーブルー」とも呼ばれるこの爽やかな色が気に入って、ネックレスの収納ケースとして、今でも大事に使っています。
初音ミクのキャラクターのテーマカラーもエメラルドグリーンですね。髪や目、コスチュームに、取り入れられています。
私も好きな色ではありますが、この青緑系の色は、実はデザイナー泣かせの色でもあります。

 

CMYKでは再現が難しいエメラルドグリーン

エメラルドグリーンも含まれる、俗に「青緑」と呼ばれる系統の色は、オフセット印刷のCMYK4版掛け合わせで再現しようとする時は注意が必要です。彩度がずいぶん低くなってしまうため、パソコンのモニタ画面で確認した色と比べてくすんだ印象になってしまい、刷り上がった印刷物のコレジャナイ感がハンパない、などという状況に陥りがちです。
そもそも以前にもお話していますが、エメラルドグリーンは、カラーモードをRGBからCMYKに変換しただけでも彩度が落ちてけっこう置き換わってしまうということでした。とにかく、CMYKで再現するのが難しい扱いづらい色と言えます。
(※RGBやCMYKのカラーモードのお話について忘れてしまっていたら、「色の基本(1)色の基本(2)」あたりを読み返して見てください。)

私物のティファニーのネックレスの箱。大事にしてます。

 

CMYKの再現が難しければ特色を使う

でも、写真に映っているティファニーのネックレスの箱の色は、彩度が保たれていてくすんだ印象はないよね?という感想をお持ちの方もおられるかと思います。確かにそうですね。これにはちょっとした理由が考えられます。
ティファニーの箱の印刷には、どうも特色が使われているようなのです(写真の箱は厳密には特色を印刷した紙が箱に貼つけられている)。CMYKの4版掛け合わせでは、あのような鮮やかなエメラルドグリーンを再現できない一方、特色になら、あのようなエメラルドグリーンはありますし。・・・ということから考えれば、ティファニーの箱はCMYKで印刷していないことは予想がつきます。目を凝らしても網点が見あたりません。これは十中八九、特色と考えられるでしょう。
ティファニーほどの伝統あるブランドなら、通常はブランディングの課程で色指定を行うものなので、コーポレートカラーとして特色の指定色があるはずですし。日本国外に本社があるブランドなので、Pantoneあたりの指定になっていそうですね。
もしくは、専任の印刷会社さんに「ティファニーブルー」を特色として作ってもらっているかもしれません。企業によっては、独自のコーポレートカラーを専任の印刷会社さんに作ってもらっている場合があります。私も、以前に、ある印刷工場の見学に行った際、そういった特色を見せていただいたことがあります。

 

デザイナー泣かせだが個性的なカラー

このように、オフセット印刷においては、鮮やかなエメラルドグリーンのようなCMYKの掛け合わせでは再現できない色がありますが、特色で補える時もあります。
そんな時は、いつも特色が使えれば良いのですが、どうしてもCMYKでエメラルドグリーンを再現しなければならない場合もあります。特色を入れればそれだけ版が増え、印刷代も上がることになります。印刷経費を抑えるため、出来る限りCMYKの4版のみを用いた印刷にしようという場合もあるわけです。そんな場合は、発色が良い紙を使用して印刷するという手段もありますので、いかにそれっぽい色に見えているかという部分で、試案を重ねていくしかありません。迷ったらコート紙です。安めで発色が良いです。
ともかく、エメラルドグリーンは扱うには技術も知識も必要な色です。それゆえに、ブランドカラー、キャラクターのテーマカラーとしては採用されにくい色かもしれません。しかし、だからこそ世の中にありふれた色となりにくく、他と差異化ができて個性が出ます。難しい色ですが美しいですし、チャレンジしてみる価値がある色です。

 

モニタで映える初音ミクのエメラルドグリーン

彩度が保たれた状態の、鮮やかなエメラルドグリーンは美しいですね。特にモニタでこそ個性的で印象に残ります。
モニタで見る時の初音ミクのエメラルドグリーンは、印刷で再現できないRGBモードの光の媒体にしかない色です。青緑系でああいった彩度が高い色は、印刷では再現できない、極めて電子的なカラーということも言えます。それをキャラクターのテーマカラーにしたのは、初音ミクを見る媒体についてモニタ等の光の媒体をメインに想定しているからかもしれません。
なんとも、今どきのボカロアイドルっぽい現象ですね。

 

初音ミクのエメラルドグリーン、特色なら?

試しに、RGBモードの初音ミクのエメラルドグリーンに、特色をあててみましたよ。色チップを見て確認しました。

ポンチ絵で失礼します。

初音ミク

この絵なら、「DIC42」もしくは「DIC2162」でしょうか?
ご参考まで。

 

まとめ

・ティファニーや初音ミクのエメラルドグリーンは、厳密にはCMYK4版の印刷では再現できない
・エメラルドグリーンは再現が難しい色だからこそ独特で、チャレンジしてみる価値あり
・初音ミクのエメラルドグリーンは、特色なら「DIC42」もしくは「DIC2162」ぐらいだろうか?

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBES です。イメージを伝えるための色彩計画は、デザインにとって最も重要な要素の1つです。これによって、イメージがより明確に伝わったりキャラクターがより引き立ったり、ということがあります。
企業やブランド等でも「コーポレートカラー」と言われる、企業を象徴するカラーがありますね。
アニメなどのキャラクターでも、キャラクターのテーマカラーが設定されている場合があります。また、ミュージシャンやアイドルなどの実在する人物が、人物像を表すテーマカラーを設定している場合もあります。
このように、あらゆるデザインにおいて色彩計画は基本です。今日は、そういった色彩計画のお話をしようと思います。

 

色彩計画によってイメージをわかりやすく伝える

何でもいいですが、ブランドやキャラクターを思い出してみましょう。
ブランドやキャラクターを頭に浮かべてみた時、色彩も一緒に浮かんでくることがありませんか? イメージは、それだけ色を伴っているということです。そうした理由で、実際のデザイン展開でも、個性を表す色を積極的にデザインに取り入れている例があります。

 

「エヴァンゲリオン」、レイの「静」・アスカの「動」

アニメなどのキャラクターには、個々のキャラクターのテーマカラーが設定されている場合があります。キャラの個性がイメージしやすいので、象徴する色を設定してしまうというわけです。「新世紀エヴァンゲリオン」もそういった例だったと言えるのではないでしょうか?
「新世紀エヴァンゲリオン」の中では、2人の少女の対比が作品を生き生きさせていたと思います。レイの「静」・アスカの「動」、2人のキャラクターの個性の対比です(シンジ君ごめんね、今日は話題にしないから)。
レイは水色の髪、アスカはオレンジの髪、2人の性格が表れていると思いませんか? レイはクールで、アスカは勝ち気でアグレッシブ。エヴァに乗る少年少女の内でも、特にこの2人の個性は互いを引き立てあってましたね。
レイの水色、アスカのオレンジ。まさに「静」と「動」の対比ですが、これがキャラクターのテーマカラーになっていた、というか、2人の個性がこの色に重なっていましたね。これが逆の色の設定だったら、それはそれで、腑に落ちない感じになっていたことでしょう。
こうしたテーマカラーの設定は、キャラクターグッズのデザインをする時にも役立ちます。なぜなら、キャラクターのテーマカラーを利用すれば、キャラの個性に添ったデザインが展開できるからです。
キャラクターグッズでは、レイは水色から青色の寒色系、アスカはオレンジから赤の暖色系を用いてデザインされました。こうした色を取り込むことにより、キャラクターの個性が表れたデザインの展開となっていましたね。ショップなど売り場では、色の対比がキャラそれぞれのグッズを引き立て合って「売り場映え」もしました。キャラのテーマカラーにより、アニメ作品そのものとしてももちろんですが、グッズでもキャラの個性が生き生きとして、秀逸なものとなっていったと思います。

 

hideさんのパッションピンク

色彩計画を効果的に使う例は、架空のキャラクターばかりではありません。その人物の個性を象徴するものとして、実在する人物にもテーマカラーが用いられる例があります。
ミュージシャン、アイドル、ひいては政治家、といった実在する人物が、自分のキャラクターカラーを設定し用いる手法は、現代のデザインにおいてはもはやポピュラーと言えそうです。そんな中、そういった色彩計画が圧巻なのは、元「X JAPAN」のhideさんのピンクをテーマカラーとしたカラーコーディネートでしょう。
ピンクをテーマカラーにして、これ以上スタイリッシュで印象に残る見せ方をした人はまだいないのではないでしょうか。

「Ja, Zoo」hideさんのアルバムCD。1998年発売。

hideさんのパッションピンクは、hideさんのアーティストとしてのパンキッシュで鮮烈なイメージを象徴していたように思います。「ピンク」というと甘くふんわりしたイメージにまとめがちですが、hideさんのカラーコーディネートは違っていました。あのパッションピンクにネオンカラーなどの彩度が高い色を合わせてきたり、そればかりかあえてダークトーンにあのピンクを刺してきたり(それでいて、「ピンク」に目が誘導されて、この人物を象徴するカラーは「ピンク」だ! となる。ピンクを使うタイミングや面積も絶妙だったということです)。
hideさんは「ピンク」という色のイメージすら変えてくれたのかもしれません。それは「スイート」なのではなく「辛さ」だと言わんばかりに。
それが、hideさんっぽいよね、というところだったと思います。他の人じゃなかなかこなせないのでしょう、あのカラーコーディネートは、hideさんが亡くなった以降もなかなか見かけませんね。そういった部分では、ブランディングで重要な要素である他との「差異化」がうまくできていた例なのだと思うし、hideさんらしい鮮烈さを伝えることに成功していたと思います。hideさんのピンクは、ファッションにもミュージックビデオにも的確に用いられていました。それで、あのピンクがあった上での名曲「ピンク スパイダー」ですよ。名曲がさらに心臓に刺さってこないわけがありません。
 

YouTube「hide with Spread Beaver - ピンク スパイダー」(hideofficialVEVO)

リアルタイムで知らない若い世代もそろそろ増えて来たかと思いますが、hideさんを一度は見てみてほしい!
つい、熱苦しくなってしまいました。。。今日はこのへんで。

 

まとめ

・色彩計画により、ある対象のイメージがより明確に伝わる
・企業だけでなく架空のキャラクターや実在するミュージシャンなどがテーマカラーを設定していることがある
・hideさんのミュージックビデオは一度見てみることをおススメする

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBESです。タイポグラフィの基本は、「大・中・小」の塊・文字の大きさ・そのレイアウト、にあります。だいたいそんな感じです。それは、前回までの説明で明かしたとおりです。こうした「大・中・小」を意識すれば、タイポグラフィは自ずといい感じになっていくと思います。
他に、タイポグラフィの基本について言っておこうと思うのは、文字のレイアウトには基本のパターンがあるということです。レイアウトのパターンは、基本を覚えれば応用が効くので、とりあえず覚えてしまうのもアリですね。それに、レイアウトを考えすぎて頭の中がカオスになってくることもあるので、そんな時は基本を見直すことがイメージの整理に役立ちます。
といった事情もあるので、今日は、基本のレイアウトはどうやって覚えるの? というお話をしておきます。

 

タイポグラフィには基本のレイアウトがある

基本のレイアウトを覚えるにあたり、ちょっと解説しておきますね。
タイポグラフィには、ジャンルによって定番のレイアウトがあります。カタログならこんな感じとか、書籍の表紙なら、雑誌の表紙なら、・・・と、定番のレイアウトがあります。なぜ、そんな基本形があるかといえば、そのジャンルの媒体が持つ機能に則ってタイポグラフィがなされているからです。
コンビニの雑誌の棚を見てみてください。雑誌の多くは雑誌のタイトルが上部に位置していませんか? これが基本形だったりするわけですが、こういったレイアウトにしているのは何故だと思います? これは雑誌の棚の形状に合わせていて、タイトルが上部にあれば、後ろの段にあってもタイトルだけは見えるからです。雑誌の表紙は「コンビニの雑誌棚でもタイトルが見える」という命題に応えた機能を付与するレイアウトとなっています。このように、「機能」がタイポグラフィの基本形を形作っている面もあるのです。
カタログなども、定番の基本形がありますね。上部にタイトルがあって、その下にマスがずらりと並んで、そこに商品とその説明がついているような。商品を探す時に、見やすいということです。
もし、デザインするジャンルが決まっているなら、そのジャンルの定番のレイアウトを調べてみてから、デザインを進めるという手段もあります。デザインを考えているうちに、なんだか頭の中が混乱してきてしまった・・・などという方も、いったん定番のデザインを調べてみる・思い出してみる、という作業でイメージが整理されてくるでしょう。

 

レイアウトの基本形を調べてみる

自分がデザインするジャンルの基本形のレイアウトを調べるにあたり、まず、デザインするジャンルの資料を集めましょう。「タイポグラフィの基本(1)」で、資料集めに出かけましたね。同じように、持ち帰っても良いリーフレットやカタログで、参考になるデザインがあれば持ち帰ってしまいましょう。持ち帰れない書籍等は、インターネットで画像検索してみましょう。ピンタレストの活用も良いでしょう。
その他、図書館でデザイン年刊や「P・I・E BOOKS」あたりの作品集を見るという手段もあります。資金に余裕があれば何冊かの作品集を購入するのもおススメします。良い作品集は一生もので、私も数十年前に購入した資料集は、必要に迫られて定期的に見返しています。「P・I・E BOOKS」はセンスが良くておススメです。

「P・I・E BOOKS」の作品集「corporate profile graphics」の中ページ。
私が所持する内の一冊。

資料を眺めているうちに、デザインのジャンルによって、だいたいのデザインフォーマットがあることに気づきはじめると思います。デザインのフォーマット=テンプレートと考えても差し支えないでしょう。これがジャンルによるタイポグラフィの基本形です。この基本形を覚えておけば、何かと役に立つ機会があろうかと思います。

 

レイアウトをサムネイルに書き出してみましょう

そういったタイポグラフィの基本形が見つけられたら、デザインのフォーマットとして覚えてしまいましょう。
覚え方はこんな感じで。手書きで構いませんので、サムネイルとして書き出してメモします。ネタ帳に書いておけばOKです。デザインする時にそのメモを見返せば、フォーマットを思い出せますね?
インターネットの検索結果に並ぶ小さな画像も「サムネイル」と言いますが、「サム」は「親指」、「ネイル」は「爪」で、デザインを簡潔に表した小さなラフ・スケッチのことです。デザインのフォーマットを覚えるなら、いっそ細部を切り落として単純化したサムネイルをメモしていけば、頭に入って行きやすいです。自分で解れば良い程度のラフでいいので、メモの習慣をつけましょう。
「手書き」とは言いましたが、別にイラレで書いても構わないですからね。要するに、情報を単純化し、フォーマットとして覚えておくことが重要なんです。

サムネイルの例。だいたい解ればOK

ちなみに上のサムネイルは「ベルギー奇想の系譜展」のチケットです

「ベルギー奇想の系譜」使用済みチケット

タイポグラフィにはジャンル別に基本のフォーマットがあるという話をしてきたわけですが、ただ、その基本形を厳密に守らなければならない、ということでもないですので。あまりそこは考えすぎなくて大丈夫です。時と場合を見計らうことができるようになれば、アレンジして、基本形を崩していったって良いんですよ。

 

まとめ

・タイポグラフィにはジャンル別に定番のフォーマットがある
・基本のタイポグラフィを覚えるためには、まずデザインするジャンルの資料を集める
・そして、レイアウトをサムネイルとして書き出しておく

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBESです。タイポグラフィにはチェックポイントがありましたね。復習しますよ。
 ・「塊」とその配置
 ・構成要素の「大・中・小」
 ・文字の大きさ
これらがうまくできていればタイポグラフィは成立するという、基本中の基本の要点でしたね。
さて今日は、この要点をふまえ、例の「ベルギー奇想の系譜」のチケットについて分析してみます。

 

ちょっとチケット全体を眺めてみましょう

例の「ベルギー奇想の系譜」のチケット全体を、眺めてみましょう。

「ベルギー奇想の系譜」使用済みチケット

おおまかに、左右の塊によって成り立っているレイアウトだと解ると思います。
左側にこの展覧会を象徴する奇妙な味わいの絵画、右側に展覧会の題名を始めとした文字情報。オーソドックスですが、スッキリと解りやすい配置ですね。
「奇想」のイメージは、左側の絵画によって伝わってきますね。ぎっしりと細かく奇妙な何者かが描かれていて、まずこの絵画で「奇想」のイメージが解ります。
そして、塊の大きさの観点から分析してみますが、レイアウト全体から見て、左側の絵画は「大」、右側の文字情報は「中・小」の塊と言えるでしょう。
チケットを見てください。ぱっと見、まず左側の絵画が目に入り、そして展覧会の題名に目が行きますね。それから、開催期間やその他の記載というふうに、自然に視線が誘導されませんか? 伝えたい情報の重要度に従って、グラフィックの塊を「大・中・小」にしてあることによる効果です。

 

文字情報部分のタイポグラフィを分析してみる

ここで、右側の文字情報部分に注目してみたいと思います。
まず文字の組み方についてですが、見事な箱組みですね(文字の両端を揃えて、シルエットを正方形・長方形に見せるこのような文字の配置の仕方を「箱組み」と言います)。文字情報がまとまって見えます。
文字情報部分がこうしたまとまった塊になっていることによって、左側の絵画に対し右側は文字情報なんだなと、ビジュアルで、まずそう認識ができると思います。見ている人に、そう認識させ、スッキリと情報を理解させるための効果的なレイアウトとも言えますね。

 

文字情報部分の「大・中・小」の塊

今度は、右側の文字情報部分での、「大・中・小」の塊の大きさの観点から分析して
みたいと思います。
先ほど、レイアウト全体から見て、左側の絵画は「大」、右側の文字情報は「中・小」の塊と言える、と述べました。確かに、右側の文字情報部分は全体のレイアウトから見て「中・小」の塊ですが、この右側の文字情報部分のみ分析すれば、この部分も「大・中・小」の塊から成り立っていることが解ると思います。

文字情報も「大・中・小」になっていますね

文字情報の中でも最も重要な部分は、この展覧会の題名です。このチケットでいうと、「ベルギー奇想の系譜」がそうです。展覧会の題名を大きく太くして目立たせてありますね。左側の文字部分の中では「大」の塊です。
次に目立たせたいのは、展覧会のテーマや開催期間・場所です。このチケットでいうと「ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」や「7.15→9.24」や「Bunkamura ザ・ミュージアム」、英文の「Fantastic Art in Belgium」のあたりです。展覧会の題名の次に目立たせてありますね。このあたりが「中」の塊です。
他は詳細情報で、重要情報の後に見る部分です。このあたりは「小」の塊となっています。
文字情報部分のみを分析してみると、このように、伝えたい情報の重要度に従って「大・中・小」の塊になっています。これにより、情報の重要度に従って、視線が自然に誘導されますね。

さらに文字部分の塊をそれぞれ分析してみます。
「大」の塊「ベルギー奇想の系譜」は、「ベルギー」をゴシック体の太字にして「奇想の系譜」よりも少し目立たせています。この展覧会は、ベルギーからアートがやって来たよという部分が重要で、「ベルギー」を目立たせたのでしょう。こうしたメリハリによって、情報がさらに伝わりやすくなりますね。
他にもよくよく観察していくと、細々としたメリハリがあります。「中」の塊「7.15」の隣の「(土)」や、「9.24」の隣の「(日)」といった曜日の要素が小さくなっていたりもします。

 

そして、「遊び」がある

このチケットのタイポグラフィは、上に述べたように、分析すればする程に利に適っていることが解ると思います。情報の重要度に従い目線が誘導される、良く出来たタイポグラフィですね。
こうした利に適った部分ばかり見てきましたが、そうでもない部分もあります。そしてその、利に適わないとも言える部分によって、このタイポグラフィはさらに秀逸になっています。「利に適わないとも言える部分」、それは「遊び」です。
このタイポグラフィにおいての「遊び」は、英文の「Fantastic Art in Belgium」に象徴されます。いわば無くても良い部分で、それなのに、文字部分の中では展覧会の名前の次に目立たせています。
そういった意味では、全く利に適っているとはいえません。しかし、この部分があるとないとでは、見た目に差がついてしまいます。この「Fantastic Art in Belgium」があることで、おしゃれ感が増しますね。このおしゃれな部分がないと、情報が伝わりやすい一方で、おそらく退屈なタイポグラフィとなってしまったことでしょう。せっかくの、渋谷のBunkamuraで開催される展覧会チケットです。おしゃれ感があって退屈させないタイポグラフィがふさわしいですね。

 

まとめ

・情報の重要度に従い塊を「大・中・小」にして配置する
・文字は重要部分を大きくしたり太くしたりすると解りやすい
・遊びがあるタイポグラフィだとなお良し!

ではまた!

こんにちは。ANGEL VIBESです。私の推しのタイポグラフィも含めお話してきましたが、皆さんは気に入ったタイポグラフィのコレクションはできましたか?
こんなタイポグラフィをやってみたい! というデザインが、そろそろ見つかってきたかと思います。そこまでできたら、そのタイポグラフィがどういった成り立ちになっているか分析してみましょう。そうすれば、タイポグラフィの腕は段々身について来ますよ。

 

分析してみましょう

いい感じだと思ったタイポグラフィを見つけたら、そのレイアウトを分析してみましょう。
ちょうど、いい感じのタイポグラフィがあるので、例にしてみますね。写真は、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催された「ベルギー奇想の系譜〜ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで〜」という展覧会のチケットです。使用済みなので右側が切り取られてますが、いい感じだと思います。

「ベルギー奇想の系譜」使用済みチケット

どんなレイアウトでも、まずこの部分をチェックしてみてください。
・「塊」とその配置
・構成要素の「大・中・小」
・文字の大きさ
タイポグラフィは上記の点がうまくできているかどうかが基本中の基本、これらがうまいことできれば、基本のデザインは成立します。

写真の「ベルギー奇想の系譜」チケットのタイポグラフィについて分析してみたいと思いますが、その前に、これらのチェックポイントが何なのかついて、説明しておきますね。

 

「塊」とその配置

タイポグラフィは文字の「レイアウト」によって成り立っています。「レイアウト」は文字も含むグラフィックの要素(写真やイラスト等)の配置・構成です。ポスターなどをよくよく見てみると、画面においてグラフィックの要素がいくつかの「塊」になっており、「塊」が配置されていることに気づくでしょう。
配置された文字要素の「塊」をよくよく観察してみてください。タイトル周り、コラム、キャッチーコピーなど、それぞれの伝達内容によって「塊」になっていませんか? このように、文字要素を伝達内容によってそれぞれの「塊」にして画面を構成するのは、視覚的に伝わりやすくするためです。例えば、重要事項〜ちょっと重要な事項〜知りたい人だけ読む詳細説明、というのがぱっと見で解るビジュアルであれば、情報が理解しやすくなるということです。

 

構成要素の「大・中・小」

上に述べたように、レイアウトされているグラフィック要素の「塊」は、それぞれの伝達内容によってまとまっています。
では、この「塊」の大きさに着目してみてください。「大・中・小」に分けられていますね。
さらに「大・中・小」について「塊」の中を観察してみましょう。まず、グラフィック要素の「塊」の大きさは「大・中・小」になっていますが、その「塊」の中で、文字の太さや大きさに強弱があり、さらに「大・中・小」があることに気づくと思います。

 

文字の大きさ

画面の文字全体を観察してみてください。文字の大きさにも「大・中・小」の強弱がありますね。強調したい文字部分は大きさを大きくしたり太くしたりします。強調しない部分は、逆に小さくしたりします。このように、文字に視覚的な強弱をつけることで、ぱっと見で伝わりやすくなります。
そして、文字部分の用途によっては、それに合った適切な大きさになっていることも必要です。雑誌などの例えば何かのコラムといった文章中心のページでは、本文として読みやすい級数(=Q数)にしたりもします。平均値はだいたい13級(およそ9ポイント=9pt)ぐらいです。本文を13級とすると、写真につけるキャプションは10級以下ぐらいが無難です。

 

文字の大きさを測る

本当かな? と思う方は、そういった雑誌、気になったリーフレットやポスターなどの文字の大きさをいろいろと測ってみてください。
ただ、AdobeIllustratorなどDTPのデータなら調べられるとして、紙に印刷された文字はどうすればいいのだろう・・・という方、ご安心を。写植級数表で測れますよ。写植級数表は、透明なフィルムにマスが印刷されている道具で、DTPが始まる以前から文字の大きさを測る道具としてデザイン業界などで使われて来ました。今となっては、この写植級数表が用いられる場面は、少なくなってしまったでしょうけれども、まだまだ役に立つ道具です。
私が持っているのは、IZUMIYA製(株式会社いづみや=現在の株式会社Too)。社名が変わり、Too自体ももう製造していないようですが、レター社など他のメーカーの写植級数表は現在も売られています。
 

IZUMIYA製の写植級数表。ずいぶん黄ばんでしまいましたが、まだ持っています

 

文字の上に重ねて大きさを測ります。1行目は16級程度ということが解ります。

 
さて次は、「ベルギー奇想の系譜〜ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで〜」のタイポグラフィについて具体的に分析したいと思いますが、それは次回!

 

まとめ

タイポグラフィでチェックする部分は
・「塊」とその配置
・構成要素の「大・中・小」
・文字の大きさ

ではまた!