こんにちは。ANGEL VIBES です。
前回「入稿データ」は「版下データ」とも呼ばれることもあるとお話しました。最近ではほとんど見かけなくなった元々の意味での「版下」ですが、版下は現在のDTP(デスクトップパブリッシング)における入稿データのルーツです。それに、未だに時々、版下で入稿しなければならない仕事もあったりします。知っておいて損は無いと思うので、今日は「版下」の解説をします。

 

「入稿データ」とは? 「版下」とは?

今やDTP主流の時代ですが、パソコンでデジタルデータを作成して入稿を行う以前には、違う手法によってそれを行っていました。その手法こそ、「版下」を用いるという手法でした。その名残でしょうか、今でも、「入稿データ」を「版下データ」と呼ぶことがあります。
「入稿データ」は図案や文字や写真等のグラフィックがレイアウトされたデジタルデータです。こうしたデジタルデータは、Adobeなどのグラフィックソフトを用いて作成されます。通常、入稿データとなれば、トンボをつけ、必要な部分には塗り足しをすることとなります。このような入稿データが、印刷に用いる版の元となります。入稿を承った印刷会社では、入稿データを元に、例えばカラーのオフセット印刷であれば、CMYK(C=シアン、M=マゼンタ、Y=イエロー、K=黒)の4色の4つの版が作られます。なおこの過程は、元のデータを4色分解するので、分版と呼ばれています。単色刷りの印刷であっても、カラーのオフセット印刷の場合と同様に、印刷に用いるための版が作られます。単色刷りの印刷ならば、版は1版となります。
このように、印刷を行う際には、印刷に用いるための版が作成されるわけですが、上に説明してきたように、版は「入稿データ」すなわちデジタルデータを元にするのが今日の主流です。しかし以前は、紙にレイアウトされたグラフィック(そして、そのグラフィックに対し赤字によって記述する指定)を版の元にするのが主流でした。こうした版の元が「版下」です。

 

「版下」は台紙にグラフィックをレイアウトしたもの

「版下」は、専用のレイアウト用紙を台紙にして、図案や文字や写真等のグラフィックを切り貼りし、作成します。文字部分には文字をレイアウトして出力した印画紙を貼り付け、写真部分には、元の写真をコピー機で印刷しアタリ画像を貼り付けます。この写真部分の元の写真は、ポジフィルムや印画紙出力した紙焼きで入稿し、版下とは別に分解してもらいます。そして後に、印刷の版のアタリ部分に合体するような流れです。

 

版下にも変遷があった

版下は、1990年代にはまだまだ現役でした。あっという間にほとんど見かけることがなくなってしまいましたが、私も作成した経験があります。
私が版下をしばしば作成していた頃は、パソコンを用いたデザインが始まっており、完全にDTPになる移行期でもありました。この頃の版下は? というと、パソコンでレイアウトしたトンボ付きのデジタルデータを印画紙出力し、版下のレイアウト用紙に貼り付け、作成していました。文字部分は、写植を貼り付けることもありました。写真部分等、別に分解してもらう箇所は、デジタルデータ上でアタリであることを示す細いケイ線を「アタリケイ」として描いておき、印画紙出力した後、そこに、コピーしたアタリ画像を貼り付けておくという。。。今考えると、面倒でしたね。
ともかく、印画紙出力の過程以降は現在のDTPの手順とずいぶん異なりますが、元々のレイアウトをパソコンでデジタルデータとして作成する点は、現在と変わらない状態でした。
では、こうしたDTPの移行期以前の版下は? といえば、パソコンがない時代になりますが、もちろんパソコンを用いることはありませんでした。文字の部分は写植を貼り付けたり、企業ロゴ等は、紙焼き機で印画紙に焼き付けて、別に分解してもらうようにしたり・・・。ケイ線は、烏口という道具や、ロットリングを使って描いたりしていました。

ダーマト

上の写真は版下作成の際に欠かせなかった、通称「ダーマト」。デスクの引出しにまだ入ってます。ロットリングは、どこかに行ってしまいました。

 

現在の版下仕事

最近でも、版下を作成する仕事があるかといえば、実際に時々あったりもします。
私は去年、選挙公報の仕事があり、昔ながらのアナログ版下を作成しました(選挙公報とは、議員さんの選挙の時に配られる候補者がズラリと載ったアレです)。こうした広報は、未だに版下なのですよね。このように、アナログの版下入稿が脈々と生きているジャンルも未だにあるわけです。
しかし、版下にするデジタルデータの印画紙出力ができる業者さんは、近年ではとても少なくなってしまいました。1990年代には、デザイン関連企業が多いエリアならば、「出力屋さん」などといった専門業者さんがすぐに見つけられる程度にはあったものですが、やはり時代の波でしょうかね。とはいえ、そういった専門業者さんが完全に無くなってしまっても困りものです。
去年、私が選挙公報の仕事をした際には、それまでデジタルデータの印画紙出力に利用していた業者さんがこのサービスを廃止してしまい、実際に困ってしまいました。でも、探してみると業者さんが見つかりました。それは「堀内カラー」さんです。写真の紙焼き等を行っている老舗の業者さんですが、版下にするデータの印画紙出力も問題なく奇麗に仕上げてくださりました。また版下を作成する仕事が来たなら、「堀内カラー」さんに出力をお願いしたいですね(※このサービスができるかどうかは、店舗にもよるかもしれないので、もしこのサービスを利用したい場合はお電話などでお確かめくださいませ)。

「堀内カラー」さんのWebサイト。お問い合わせ先の記載もありますので、必要があればこちら(http://www.horiuchi-color.co.jp)にどうぞ。

堀内カラーWebサイト

 

まとめ

  • 「入稿データ」とは印刷に使用する版の元で、図案や文字や写真等のグラフィックがレイアウトされたデジタルデータ
  • 「版下」とは印刷に使用する版の元で、台紙に各グラフィックを貼付けて作成したもの
  • 現在でもアナログ版下入稿が必須のジャンルがある
  • 「堀内カラー」さんでは、今でもデジタルデータを印画紙出力してくれる

では、また!